「シアワセの変遷」 江國香織さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate)から

JAFMate 2018年10月号にある、江國香織の「幸せって何だろう」というコラムの一節を紹介します。

ここに至ってようやく、しあわせを自分の外側に求めてはいけないことが私にもわかった。というわけで、五十代のいま、私は自分が朝起きるだけで嬉しい。雨ならば雨の降っていることが嬉しく、晴れならば晴れていることが嬉しい。自分に五感があって、きょうも世のなかを観察できる、というのがたぶん、いまの私のしあわせらしい。

江國さんが過去に、しあわせとは何か、と尋ねられていたら、こんなふうに変遷していると言います。

十代  ”自由でいること”
二十代 ”お風呂と本さえあればしあわせ”
三十代 ”愛し愛されること”
四十代 ”仲間がいること”
五十代 ”自分に五感があって、きょうも世の中を観察できる”

しあわせは人によって違うでしょう。

さらに、同じ人の中でもいろいろと変化するものであり、変化していいものだ、と教えてもらいました。

1<< 【しあわせについて学ぶことば】2 >>3

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる