しあわせ情報室

40代男子が書く「しあわせにいまを生きる」ための情報集。テーマは生き方、子育て、ことば、手帳など。

「シアワセの変遷」。江國香織さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate 2018年10月号)から。

スポンサーリンク

ここに至ってようやく、しあわせを自分の外側に求めてはいけないことが私にもわかった。というわけで、五十代のいま、私は自分が朝起きるだけで嬉しい。雨ならば雨の降っていることが嬉しく、晴れならば晴れていることが嬉しい。自分に五感があって、きょうも世のなかを観察できる、というのがたぶん、いまの私のしあわせらしい。 
ー江國香織 (JAFMate 2018年10月号 コラム)

 

江國さんが過去に、しあわせとは何か、と尋ねられていたら、答えは

十代  "自由でいること"
二十代 "お風呂と本さえあればしあわせ"
三十代 "愛し愛されること"
四十代 "仲間がいること"

だろうということです。

 

しあわせは人によって違うものでしょうが、同じ人の中でもいろいろと変化するもの、変化していいものだと、教えてもらいました。

 

▼関連記事

「自分を好きになり 許してあげること」。綿矢りささんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate 2018年12月号)から。 - しあわせ情報室

「幸せは小刻みに」。鷲田清一さんのコラム『幸せって 何だろう』(JAFMate 2019年11月号)から。 - しあわせ情報室

 

<しあわせについて学ぶことば 2>