しあわせ情報室

40代男子が書く、人生を家族と一緒に楽しむための情報集です。

夢や目標と計画について。稲盛和夫さんは大きな夢を掲げ、一年だけの計画を立て、一日だけを懸命に生きた。

スポンサーリンク

f:id:Kenden:20191220150302j:plain

 

前の記事で稲盛和夫さんが著書『働き方』に、こう書いていることを紹介しました。

ゴールが遠すぎる目標というのは、往々にして挫折で終わることが多い

途中で反故になってしまうような計画なら、はじめから立てないほうがいい

 

夢や目標と計画について。稲盛和夫さんは京セラで中期経営計画を立てなかった。 - しあわせ情報室

 

では、全く無計画でいいのか。

続けて次のように書いています。

私はそう考えて、京セラの創業当初から、たった一年だけの経営計画を立てるよう心がけてきました。

三年先、五年先となると、誰も正確な予想はできません。しかし、一年先なら、そう大きな狂いもなく読むことができるはずです。そして、その一年だけの計画を、月ごとの、さらには一日ごとの目標にまで細分化して、それを必ず達成できるように努めてきたのです。(p108)

 

確かに、一年先までなら実感を持って考えられそうです。

 

一方で、「目標」や「夢」についてはこう言います。

身のほど知らずの大きな夢であっても、気の遠くなるほどの高い目標であっても、それをしっかりと胸に抱き、まずは眼前に掲げることが大切なのです。(p78)

 

「一年だけの経営計画」と「大きな夢」や「高い目標」は、矛盾のように見えます。

 

この疑問への答えは、『京セラフィロソフィ』にありました。

目標だけは常に言っていました。ただし、言ってはいますが、そこに至るまでの道筋に脈絡がないわけです。ただ「今日一日、一生懸命に生きて一日が過ぎれば、明日は見えてくる・・・・・・」と言っているわけです。(p440)

「一歩一歩の積み重ね」と「高い目標を掲げなさい」というのは、一見矛盾しているようですが、そうではありません。矛盾しているように見えても、それを矛盾としては駄目なのです。あくまでも高い目標を立てながらも、一歩一歩、足元を見ながら堅実に歩くことが肝心なのです。

いつも高く掲げた目標ばかり見ていても駄目なのです。あまりにも遠い道のりを歩こうとすると飽きもするし、自分の力のなさを感じてしまって頓挫してしまいます。高く掲げた目標は潜在意識にしまっておいて、一日一日を着実に歩み続けると、とてつもない所まで歩いていけるものなのです。(p442)

 

稲盛さんの言わんとすることを、私はこうまとめます。

 

「大きな夢や目標を掲げよ

 まずは今日一日を一生懸命に

 計画を立てるのは一年先まで」

 

ビジネス書の古典『道は開ける』(デール・カーネギー)も、最初にこの一文から始まりますね。

今日、一日の区切りで生きよ

 

夢や目標を抱きつつも、目の前の一日だけを見て、今日一日の区切りで生きることは、古今東西に共通する生き方の原則のようです。

 

そして、「目標に至るまでの道筋に脈絡がない」でも、いいんです!

 

▼紹介図書 

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

働き方―「なぜ働くのか」「いかに働くのか」

  • 作者:稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: 三笠書房
  • 発売日: 2009/04/02
  • メディア: 単行本
 
京セラフィロソフィ

京セラフィロソフィ

  • 作者:稲盛和夫
  • 出版社/メーカー: サンマーク出版
  • 発売日: 2014/06/02
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 
道は開ける 文庫版

道は開ける 文庫版

  • 作者:D・カーネギー
  • 出版社/メーカー: 創元社
  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: 単行本
 

 

▼過去関連記事

能率手帳の使い方。野口晴巳さん(元JMAM会長)の場合。究極の逆説「人生を計画することなどできない」とは。 - しあわせ情報室