しあわせ情報室

辞書好きが書く、子育て、手帳、車、本など、人生を楽しむための情報集です。

漫画「鬼滅の刃」のKindle版をパソコンで読んだらいろいろ快適だった!

「鬼滅の刃」の単行本を漫画喫茶で一気読みした後、特におもしろい巻は買って手元に置こうしたところ、今ネットではほとんど売り切れでプレミアがついているのですね。すごい人気です。

そこで試しにパソコンでKindle版のサンプルをダウンロードし、そのまま「Kindle for PC」で見てみると、いろいろ快適じゃないですか!

漫画の電子版は過去にKindleやFireの端末で試したことがありましたが、画面が小さいと見開き2ページの描写も1ページずつしか見れないなど面白さを味わえず、画面が大きいタブレットでないとダメだなと思っていました。

その点パソコンでは、私の愛用する低価格ノートパソコン「ASUS E203MA」の11.6インチの画面でも、全画面表示にすると単行本とほぼ同じ大きさで見開き2ページが見られて、ページめくりも快適です。

容量は1巻あたり約50MBで、「Kindle for PC」はデータの保存先が任意に指定できるので、本体容量の少ないパソコンでもなんとかできそうです(「ツール>オプション>コンテンツ」にある「フォルダの変更」から)。

さらに試しに、ブラウザ版の「Kindle Cloud Reader」でも読んでみたところ、ネット接続のみでデータをダウンロードせずにそこそこ快適に読むことができます。これならパソコン本体の容量を気にする必要がありません。

 

今のところ漫画のKindle版をパソコンで読むには、

・アプリの「Kindle for PC」はデータのダウンロードが必須。ダウンロード先は任意に設定可能。

・ブラウザの「Kindle Cloud Reader」はデータをダウンロードしてもしなくても読める。ダウンロード先は自由に設定できない。

という感じです。

 

さっそく「鬼滅の刃」を何冊か買って読んだところ、すこぶる快適です。最新巻を買い続けている「ONE PIECE」も今後はKindle版を買いそうです。

また、永久保存版にしている「ドラえもん」の2巻(収録:ぼくの生まれた日)と25巻(収録:のび太のなが~い家出、のび太の結婚前夜)も、Kindle化を検討です。

 

漫画のKindle版のメリットをまとめると、

・保管場所をとらない
・何冊でも持ち歩ける
・書店や通販で買う手間が不要
・書籍版の定価より安い

デメリットは、

・中古で売り買いできない

といったところです。

このメリットとデメリットは、よく考えれば普通の本を電子書籍で買うのと全く同じです。人気の漫画は連載が長くなり自然と冊数が増えるので、読む端末の問題がクリアになれば、一般の本よりも電子化のメリットが大きいですね。

漫画以外の本は、複数の本を同時にすぐに見比べたり、メモなどを即書き込める点で、私は電子化には踏み切れていないところです。

 

以上、漫画の電子書籍はKindle端末や画面の大きいタブレットがなくても、PCで快適に読めるよ!という話題でした。

 

▼息子が好きな煉獄杏寿郎さんの活躍シーン。2ページ見開きが切れずにこう写ります。

f:id:Kenden:20200219160903p:plain

 

▼関連記事

www.kendenblog.com

 

▼買った巻。感涙の2冊。

鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 8 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2017/10/04
  • メディア: Kindle版
 
鬼滅の刃 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

鬼滅の刃 18 (ジャンプコミックスDIGITAL)

  • 作者:吾峠呼世晴
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2019/12/04
  • メディア: Kindle版