しあわせ情報室

人生を家族と一緒に楽しむための情報集です。子育てと教育を中心に。

志村けんさん急死へのビートたけしさんのコメントから 「ちょっと鬱」を考える

スポンサーリンク

能率手帳の流儀 心の悲鳴

志村けんさんの急死へのビートたけしさんのコメントに、ふと思うことがあったので書いておきます。

たけしさんは志村さんの突然の死に、「ちょっと鬱」になったとのこと。

www.oricon.co.jp

ちょっと鬱になって、ノイローゼになった。何も考えなくなったね。俺はこれからどういう人生に歩むんだと考えたよね。

 

でもちょっと冷静になれば、やりたいことを一生懸命にやるべき。余計なことを考えるのはやめよう。

 

確かに志村さんの死は突然で私も驚きましたが、たけしさんほどの人生経験があり、映画監督として国際的な映画祭で賞を取るような方でも、こんなときは「ちょっと鬱」で「ノイローゼ」になることがあるんですね。

このコメントを自然に話しているようですので、これまでも何度かこんな経験があって、その都度いろいろ対処してこられてたのかな、という気もします。

 

別の記事の「あのイニエスタ選手が過去うつ病で、その記事を書くジャーナリストもうつの経験ありとは」で、うつはどんな人にも起こりうるんだと書きました。

私自身も、過去に一時期心身のバランスを崩したことがあり、この間にメンタルヘルスに関する本をいろいろ読んでいます。
関連記事>>>ストレス、メンタルヘルス、うつについて 一般の社会人におすすめの新書と文庫の5冊

体調を崩したり本を読んだりして考えたのは、身近な人との突然の別れなどで、生きている限り「ちょっとうつ」は避けられない。沈んだ気持ちは無理に切り替えるのではなく、うまく付き合いながら生きていくのかな、ということです。

 

うまい付き合いを経験から学ぶために、何か手帳に記録しておくことは役に立ちます。同じような気持ちになったら見返して、不思議とさっぱりできることがありますので。

野口晴巳さんの『能率手帳の流儀』にある、「心の悲鳴も書く」手帳術です。