しあわせ情報室

日々の子育てや生活を楽しんで、明日がもっとしあわせであるように、中年男子が考えることを書いています。

あのイニエスタ選手がうつ病だったとは。ちょうどいま、「森田療法」を学んでいるところです。

スポンサーリンク

イニエスタ選手がうつ病だったとは、驚きました。
イニエスタといえば、FCバルセロナやスペイン代表で長年レギュラーを務め、チャンピオンズリーグやワールドカップの決勝戦など、一般人には到底理解できないようなプレッシャーを経験し、結果を出してきたサッカー選手です。さらに、Jリーグに移籍してからの日本の報道では、その人柄には人格者そのもののイメージがあります。さぞ、強靭なメンタルを持っているのだろうと思っていました。

有名なプロスポーツ選手でも、引退後にいろいろ悩みがあって、うつ病になるなら理解できます。清原和博さんのように…。

また、この記事を書いているジャーナリストも、うつ病の経験者とのこと !二重にびっくりです。

 

前に、うつ病で自殺してしまった、あるサラリーマンのお父さんのエピソードを書きました。

▼過去記事
パパの自殺防止に、『パパのための子育てハッピーアドバイス』をすすめたい。 - しあわせ情報室

サラリーマンだけでなく、ジャーナリスト、スポーツ選手と職業を問わず、うつはどんな人にも起こりうる、こんなにも身近にあるものなのか、という思いです。

 

こころの分野にはもともと関心があり、「心理学」「ストレス」「マインドフルネス」「仏教」「禅」などの本をいろいろ読んできました。

いま興味深く読んでいるのが、「森田療法」の本です。

「あるがまま」というキーワードが出てきます。 不安を受け入れ、「あるがまま」の自分で生きる。子は親から「あるがまま」に受容されて、自分を受け入れることができる。

ストレスや悩みの原因をいかに解消するか、コントロールするか、という考えとは違います。

まだ勉強中ですが、この「あるがまま」というのが、私にとっても今後の人生を生き抜く、キーワードになりそうな気がしています。

 

▼まずはこの本。森田療法の中心地の慈恵医大の先生の監修。イラストが豊富でわかりやすいです。

こころのクスリBOOKS よくわかる森田療法 心の自然治癒力を高める

こころのクスリBOOKS よくわかる森田療法 心の自然治癒力を高める

 

 

▼2019.5.31追記:関連記事を書きました。

ストレス、メンタルヘルス、うつ、精神医療、森田療法について、一般の社会人がわかりやすい「新書」と「文庫」の5選。 - しあわせ情報室