志村けんさん急死へのビートたけしさんのコメントから 「ちょっと鬱」を考える

『能率手帳の流儀』(野口晴巳)より

志村けんさんの急死へのビートたけし(北野武)さんのコメントに、ふと思うことがあったので書いておきます。

たけしさんは志村さんの突然の死に、「ちょっと鬱」になったとのこと。

ちょっと鬱になって、ノイローゼになった。何も考えなくなったね。俺はこれからどういう人生に歩むんだと考えたよね。

でもちょっと冷静になれば、やりたいことを一生懸命にやるべき。余計なことを考えるのはやめよう。

確かに志村さんの死は突然で、私も驚きました。

それよりも驚いたのが、たけしさんほど人生経験があり、映画監督として国際的な映画祭で賞を取るような方でも、こんなときは「ちょっと鬱」で「ノイローゼ」になることがあるんですね。

このコメントを自然に話しているようですので、これまでも何度かこんな経験があって、その都度いろいろ対処してこられてたのかな、という気もします。

別の記事のサッカーのイニエスタ選手も過去にうつ病だったことを知り、うつはどんな人にも起こりうるんだと書きました。

私自身も、過去に一時期心のバランスを崩したことがあり、以降メンタルヘルスに関する本をいろいろと読んでいます。

体調を崩したり本を読んだりして考えたのは、身近な人との突然の別れなどで、生きている限り心が悲鳴をあげて、「ちょっとうつ」は避けられないことです。

なので、気持ちが沈んでしまったら、その気持を否定したり、無理に切り替えようとしたりするのではなく、うまく付き合いながら生きていくと心がけたほうがいいのかな、と感じています。

以上、ビートたけしさんの「ちょっと鬱」から思うことの記録でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる