しあわせ情報室

日々の子育てや生活を楽しんで、明日がもっとしあわせであるように、中年男子が考えることを書いています。

パパの自殺防止に、『パパのための子育てハッピーアドバイス』にある、ある娘さんの手紙を読んでほしい。

スポンサーリンク

パパの子育て本として一押しの、『パパのための子育てハッピーアドバイス』の最終章は、唐突に、

"「お父さん、生きていてほしい!」子どもが、最後に願うこと"

というタイトルではじまります。著者の明橋大二先生も、「唐突ですが」と書いています。

内容は、うつ病で明橋先生のところに通院していた男性の患者さんが、仕事で絶望し、自殺してしまったエピソードです。

自殺の4年後に、その時中学2年生で第一発見者だった娘さんが、先生を訪ねてきたそうです。

県外の大学に行く前に、お父さんがどうして自殺をしたのか、そのいきさつを聞きたい、とのこと。

そして、話を聞いて1週間ほど後に届いた娘さんの手紙が、全文紹介されています。

全文、胸を打たれます。中でも、もし、死を選びたくなったパパがいたら、この本の、この手紙の、この部分を届けたいです。

お父さん!
どうして死んじゃったりしたの?
会社が倒産してもいい、リストラされてもいい、生きててほしかった!
死んでほしくなかった。生きててほしかった。
お父さん、どうして死んじゃったりしたの?

お父さん!!
ねえ、お父さん、お父さん・・・・・。

少しでも目に触れる機会が増えればと思い、紹介しました。

私自身も、今後何があるかわかりませんので、この部分だけは忘れずにいたいと思います。

▼明橋先生は精神科医です。こんな医師にめぐりあいたいものです。

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス

忙しいパパのための子育てハッピーアドバイス