しあわせ情報室

辞書と能率手帳好きが書く、 「しあわせのための知識」がテーマのブログです。

人気記事
中学生 国語辞典 比較 おすすめ
NOLTY 能率手帳1 おすすめ
BMW  アクティブツアラー F45 218i
一流スポーツ選手27人の親の事例集

中学生向け国語辞典を比較しおすすめを考える 高校受験対策は?【2020年版】

中学生向け国語辞典を比較しおすすめを考える 中学受験にも【2020年版】」の記事では、目先の国語の成績がどうこうではなく、長い人生で役立つ読解力や表現力や知識を学べる辞書はどれなのか、という視点で、『例解新国語辞典』を選びました。一語一語の意味や用法・用例・類語・対語などの情報量が圧倒的に豊富だからです。

ただ「高校受験対策」を考えると、『旺文社標準国語辞典』に次の二つの強みがあります。

 

古文への対策

 

中学で習う国語には「古文」があります。高校入試でも、私が住む埼玉の県立高校では2020年の入試で100点中12点を配点しています。

試験の内容とベネッセや栄光ゼミナールの情報を参考にすると、高校のように古語辞典が必要なほどではなく、教科書の音読中心で大丈夫なようです。それでも普段から古文に親しむに越したことはありません。

>>>参考情報
古文・和歌|古文の理解の仕方|中学国語|定期テスト対策サイト|ベネッセ
中学生のための【国語】勉強法|栄光ゼミナール高校受験情報

 

『旺文社標準国語辞典』は古語約140語を見出しに収録し、古典12作品の解説と冒頭文を掲載しています。「つれづれ」と「徒然草」の例。

旺文社標準国語辞典 つれづれ

そして古語の説明は、兄貴分の『旺文社国語辞典』より圧倒的に豊富です。左が『旺文社標準国語辞典』、右が『旺文社国語辞典』です。

旺文社標準国語辞典 いみじ
旺文社国語辞典 いみじ

『旺文社国語辞典』は高校生以上向けなので、古語が詳しく知りたければ古語辞典を使ってね、ということなのでしょう。

参考までに、『ベネッセ新修国語辞典』には「今昔さんぽ」というコラムがあり、古語30語と古典21作品を紹介しています。

ベネッセ新修国語辞典 あはれ
ベネッセ新修国語辞典 徒然草

『例解新国語辞典』には古語や古典の作品の情報がありません。

 

 

漢字一字の意味の説明がある

 

2020年の埼玉県公立高校の国語の入試問題に「軌跡」の読みがなをつける問題が出ました。この「軌」の説明について、左が『旺文社標準国語辞典』、右が『例解新国語辞典』です。

旺文社標準国語辞典 軌
例解新国語辞典 軌


『例解新国語辞典』には「軌」一文字の意味の説明がないのです。残念!

国語辞典の中で漢字を見出しに立てることついては、『岩波国語辞典』の初版の編者のことばに、「元来、日本語の中には多数の漢語が含まれている。その漢語を構成する単位としての漢字の働きを明確にする必要があると考えたからである」とあります。

この一文を読んでから、「日本がよく分かり、よく使える」*1ために、国語辞典の中に漢字の説明があることの必要性と重要性を感じるようになりました。

単に「軌道」の読みを覚えるだけでなく、「軌」の3つの意味を知ることが、漢字に強くするだけでなく日本語を豊かにするように思います。 

ちなみに高校入試の漢字の配点は、埼玉の県立高校の入試で国語100点のうち10点です。

また『ベネッセ新修国語辞典』も、漢字一字の意味の説明はありません。

受験とは関係ないですが、自分の名前の漢字の意味を知ると、親がどんな願いを込めて名前をつけたかわかっていいですよね!

 

それでも…『例解新国語辞典』

 

これらの点で、『旺文社標準国語辞典』は中学校で学ぶ国語の全範囲に目を配り、高校受験対策に強みのあるバランスのいい辞書だとわかります。さすが受験参考書大手の旺文社。

一方『例解新国語辞典』の強みは、見出し語の多さ(59,000対47,000)、一語一語の説明の豊富さ、誤用の説明(参考記事>>>『例解新国語辞典』に学ぶ 誤解されやすいことば・新しい言いかたの15選)、囲み記事のおもしろさです。下の記事をご覧ください。

例解新国語辞典 心
例解新国語辞典 泣き 笑い

50歳近い私が読んで勉強になります! 日本語に誇りの持てる内容ですね!『例解新国語辞典』をいかに「ことばの世界が広まり深まるように、日本語が生き生きとしたものになるように」*2つくっているかがわかります。

 

埼玉県の公立高校の入試では、現代語の記述式の問題の配点が約4割で、慣用句の誤用の問題も出ることがあるので、高校受験対策でもまずは『例解新国語辞典』で現代語の力をつけてほしいです。

その上で、中学3年になって受験対策で古文につまづいて、教科書や参考書でカバーできないようなら、こんな辞書もあるよと『旺文社標準国語辞典』もわたしてみようかなと思います。

もし今中学3年生で、これから高校受験にむけて国語辞典を一冊買うなら、即効性を考えて『旺文社標準国語辞典』を選ぶことも有力です。これほど古語の説明が詳しい「国語辞典」は、高校生以上向けのものにもないと思います。

(※学研の『学研現代標準国語辞典』と『学研現代新国語辞典』には巻末に古語小辞典がありますが、作家名などの固有名詞がないので学習用の辞書としては疑問です)

*1:『角川必携国語辞典』の巻頭にある大野晋先生のことば

*2:「この辞書の活用のしかた」より