しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

「できる限りやる」と「できる範囲でやる」の違い

何か新しい課題ができたり、あたえられたときに、「できる限りやります」と言うか、「できる範囲でやります」と言うか。

 

ことばの意味としは、「できる限りやる」と「できる範囲でやる」は、ほぼ同じです。

違いは言い手の気持ちで、「逃げ」の感情が入るときに、「できる範囲でやる」を使うように感じます。うまくできなくてもしょうがない、途中でやめてもごめんなさい、というような感情です。

 

なぜこんなことを思ったかと言うと、息子が昨年11月にソフトテニスのスポーツ少年団に入り、そこでパパコーチをやらないか、と声をかけてもらったからです。テニスは全く経験がありません。技術を教えることは現状難しいです。でも、息子が前向きに挑戦する姿を見て、一緒に新しいことに挑戦してみようかな、と思いはじめました。

 

そこで一瞬、「できる範囲でやります」と言おうかと思ったのですが、考え直しました。「できる限りがんばります」と、答えてみようと思います。

 

これからもこんなときは、どうせやることは同じなら、「できる限りやります!」と言えるようにありたいと考えています。