「できる限りやる」と「できる範囲でやる」の違い

何か新しい課題ができたり、あたえられたときに、「できる限りやります」と言うか、「できる範囲でやります」と言うか。

ことばの意味としては、「できる限りやる」と「できる範囲でやる」は、ほぼ同じです。

違いは言い手の気持ちで、「できる範囲でやる」を使うようときは、「逃げ」の気持ちが入っているように感じます。

うまくできなくてもしょうがない、途中でやめてもごめんなさい、というような感情です。

なぜこんなことを思ったかと言うと、息子が昨年11月にソフトテニスのスポーツ少年団に入り、そこでパパコーチをやらないか、と声をかけてもらったからです。

テニスは全く経験がありません。

技術を教えることは現状難しいです。

でも、

息子が前向きに挑戦する姿を見て、一緒に新しいことに挑戦してみようかな

と思いはじめました。

そこで一瞬、「できる範囲でやります」と言おうかと思ったのですが、考え直しました。

できる限りがんばります」と、答えてみようと思います。

これからもこんなときは、どうせやることは同じなら、「できる限りやります!」と言えるようでいたいと考えています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる