『老師と少年』(南直哉)の問い、「ぼくは誰ですか」

2010年9月の読書日記の中から一冊、『老師と少年』を紹介します。

120ページの薄い文庫本ですが深い内容の、老師と少年の問答集です。

少年が老子に問います。

「ぼくは誰ですか」

「本当の自分が知りたいのです。今のぼくはぼくではない!人々の中で、人々の前で、求められるように振る舞い、そうあるべきように振る舞うぼくは、ぼくではない!それは仮の、嘘のぼくなんだ!!」

老子が答えます。

「人は思う。かわらぬ『私』を支える何か確かなものがあるはずだ、と。だが、それは、どのようにしても見つけられない。なぜなら、『私』という言葉は、確かな内容を持つ言葉ではなく、ただある位置、ある場所を指すにすぎない」

「『あなた』や『彼』ではないところ、『いま、ここ』だ。『私』はそこについた印なのだ」

「『本当』と名のつくものは、どれも決して見つからない。それは『今ここにあること』のいらだちに過ぎない。苦しみに過ぎない」

「『本当』を問うな、今ここにあるものが、どのようにあるのか、どのようにあるべきなのかを問え」

この中にある、「『私』は、『いま、ここ』についた印にすぎない」という内容が、衝撃的でした。 

今もこの一文のことを、考え続けています。

created by Rinker
¥1,374 (2021/02/25 07:51:33時点 Amazon調べ-詳細)

関連エントリー:

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる