しあわせ情報室

人生を家族と一緒に楽しむための情報集。子育てと教育を中心に。

「しあわせになりたい」「しあわせでいたい」「しあわせでありたい」のうち、どれがしっくりくるか、ふと考えました。

スポンサーリンク

このブログのテーマにしている「しあわせ」ということばについて、「しあわせになりたい」「しあわせでいたい」「しあわせでありたい」のうちの、どれがしっくりくるか、ふと気になり考えました。

 

 「しあわせになりたい」を、これまでブログの説明文に使ってきましたが、これはなにか、「いま、しあわせでない」と宣言しているように感じます。

いまここにある「しあわせ」が、逃げていってしまうような気がします。

いまの「しあわせ」を大切にして、これからの「しあわせ」も願う気持ちは、「しあわせでありたい」が、一番しっくりくる気がします。

 

これからは、日常の会話でも「しあわせになりたいね~」と言いたくなったら、「しあわせでありたいね~」を使ってみようと思います。普段使うことばを大切にしたい。

 

「幸福反対論者」の岡本太郎さんには怒られるかもしれませんが…。素直に「しあわせ」を願う気持ちは、持っていていいものと思っています。

関連記事>>>「ぼくは“幸福反対論者”だ」(岡本太郎)

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)

自分の中に毒を持て<新装版> (青春文庫)

  • 作者:岡本 太郎
  • 発売日: 2017/12/09
  • メディア: 文庫