小説『つみびと』を「妻や子どもを不幸にする父親の物語」として読む 罪の重さ1位は?

日経新聞の夕刊に連載されていた、山田詠美さんの小説『つみびと』の単行本が発売されています。

この小説は、蓮音という23歳のシングルマザーが、4歳の桃太、3歳の萌音という二人の子どもを死なせてしまう物語です。

モチーフは2010年の夏に大阪で起きた、二児置き去り死事件(Wikipediaでは大阪2児餓死事件)。

新聞連載時には内容がつらすぎて毎日読む気にはなれず、たまにチラ見をして、続けて読んだのは最後の二週間くらいです。

単行本が出るのを知り、子を育てる親として読んでおこうと思い、全編読了しました。

やはりつらかった!

読んだ後に感じたのは、この本は「妻や子どもをしあわせにできない父親たち物語」として読めるということです。

私が自身が子育て中の父親だからかもしれません。

小説のモチーフとなった事件で死んでしまった下の子は、私の息子と同学年ですし。

そこで、小説『つみびと』登場する父親たちを、子どもを死なせたことに対する罪が重い順に考察し、書き留めておきます。

※以下は小説のネタバレを含みます。

目次
スポンサーリンク

罪の重さ1位:松山音吉(蓮音の元夫/桃太と萌音の父)

罪は、父としての自覚の不足です。

蓮音いわく、音吉は「本当にいい人」、「ただ親切な人」です(p37)。

妊娠した蓮音と結婚するため、家族を説得し大学を中退して働きます。「心優しい鈍感さを携え」た「平和なお馬鹿さん」で、蓮音の「嫌な部分を見ることもなく、愛し」ます(p225)。

父母から大切に育てられた育ちのよさも伝わってきます。

私も音吉はいい人だと思います。

善良な鈍感さは、大きな長所です。

ただ、結婚後も、蓮音のいないところでは母親を「ママ」と呼びます(p225)。

不機嫌になると、「うちに泊まるから」と言い残して部屋を出て行きます(p236)。

妻子と住む家ではなく実家が「うち」なのです。

しょっちゅう実家に戻り、その内に入り浸るようになり(p261)、ほどんど帰って来なくなります(p185)。

この音吉の不在が、蓮音が夜の町に出歩く原因になってしまいます。

音吉自身も、「実家に行き過ぎだ」とわかっています(p272)。

しかし、「無条件で自分を受け入れてくれる母」(p273)から、巣立てないようです。

本来ならここは、この小説ではほとんど登場しない音吉の父親の出番だったように思います。

自分の妻子をほっといて何やってんだ!、と一喝してほしい。

音吉の父として、父親の一番の役割は母親のサポートなんだ、と教えてほしい。

結果的に蓮音とのすれ違いは埋まらず、離婚します。

その結果として、子どもを見捨てます

本人は見捨てたつもりはないかもしれません。

離婚後の蓮音を探してもいます(p314)。

しかし、母が桃太と萌音を引き取れないということには、あらがえません(p309)。

そして子どもたちの最後のとき、血を分けた自分の子が苦しんでいることに、父として何か気づけなかったか

虫の知らせのようなものが、なかったか。

私の考えでは、死なせてしまった子の直接の父であることの責任が、一番重いです。

音吉はいい人ですが、蓮音のような女性をしあわせにするには、人生経験が少なく親としての勉強も不足で、幼すぎたようです。

想像するに、父母から大切に育てられたいい子がいい子のまま親になってしまって、いい子から「いい大人」へ、そして「いい親」へ、もう一歩の成長ができなかったのかなと思います。

この点は、男の子を育てる親としてこれから特に注意していきたいところです。

わが家の息子も、いまは母をママと呼ぶ甘えん坊です。

音吉の母のように、うちの奥様も大の世話焼きです。

どこかで、親離れと子離れをして、まず「いい大人」になければなりません。

もし、息子が結婚しても実家に入り浸るようだったら、追い返さなければいけませんね。

この記事はいったんここまでにします。

他に、笹谷隆史(蓮音の父)、吉田伸夫(蓮音の母、琴音の継父)、下田正(蓮音の母、琴音の実父)についても、下の記事で書いています。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる