しあわせ情報室

しあわせについて、感じたり考えたりすることを書いています。

山田詠美さんの『つみびと』に登場する父親たちの罪を考える。罪の重さ二位は、笹谷隆史(蓮音の父/琴音の元夫)による子どもの人格否定。

f:id:Kenden:20190605092849j:plain

山田詠美さんの小説『つみびと』に登場する父親たちの、子どもを死なせた罪の重さの考察の続きです。

(過去記事)
山田詠美さんの『つみびと』を、「妻や子どもをしあわせにできない父親たちの物語」として読んだ。罪の重さ一位は、松山音吉(蓮音の元夫)の父性の不足。 - しあわせ情報室

※以下はネタバレを含みます。

 

二位:笹谷隆史(蓮音の父/琴音の元夫)

罪は、子ども(蓮音)の自己肯定感を育てなかったこと、人格否定です。

 

「どうして、こんなにも、あの女に似ているんだ」
「まーったく、やることなすこと、あいつにそっくりだな」
「結局、おまえは、母親とおんなじなんだよ」

 

隆史は、出ていった妻の琴音に似ているということで、こう言って、蓮音の人格をあらゆる方向から否定します(p106)。母親の琴音の人格も否定しています。

 

また、出ていった琴音の代わりに弟と妹の世話をする蓮音を、がんばれ、がんばれ、がんばれ!と励ますだけで(p154)、がんばってるね、とは認めません。自分だけが苦労していると思っています(p154)。

 

自分の人格を否定され、母親の人格も否定され、蓮音は、"そういう星の許にうまれちゃったんだなあ、私って奴は" (p30)と、自己肯定感を持てません。音吉との結婚披露パーティで幸福を感じても、"おまえは、そこにいて良い人間なのか" (p192)という囁きが聞こえ、素直に受け入れられません。

 

大人になってからも、隆史はこう言って、蓮音の人格を否定します。

「お前なんかに親の資格はない」(p24)
「行くとこ行くとこで皆を不幸に陥れる」(p30)
「もういい、お前は帰ってくんな」(p64)
「どうして、普通の人間みたいになれない?」(p64)

 

また蓮音は、"父の隆史に対して子供の頃から親しみを持つことが出来なかった" (p193)、"甘える気になどなったくなれない彼は、家を守る門番のようなものだった" (p193)、と振り返ります。また、"そもそも実の母親の琴音にすら甘えられなかった" (p226)と言っています。

 

人格を否定され、甘えることを知らずに育った結果、素直に人の好意を受け止めることが出来ず(p226)、私が何をどう訴えたって駄目なんだ(p115)と思い、なりふりかまわず助けて!と叫ぶことが出来ない(p310)ように、蓮音はなってしまったんだと思います。

 

子どもの「自己肯定感」を育てることの大切さは、これまでこのブログで紹介した本、小児科医の高橋孝雄先生の『小児科医のぼくが伝えたい最高の子育て』、精神科医の明橋大二先生の『子育てハッピーアドバイス』、尾木直樹さんの『尾木ママの親だからできる「こころ」の子育て』に、共通して強調されています。

明橋大二先生の言う、

しつけも勉強も大事ですが、自分を肯定できる、生きていていいんだ、大切な人間なんだ、存在価値のある人間なんだ、という気持ちを、子どもの心に育てていくことが、いちばん大事なのです。-『子育てハッピーアドバイス』p23

 

甘えが満たされるとき、自分は愛されていると感じ、また、自分は、愛される価値のある存在なんだ、と感じます。-『子育てハッピーアドバイス』p74

ということが、隆史にはできませんでした。

 

蓮音の心に、少しでも自分は大切な人間なんだ、愛される価値のある存在なんだ、という気持ちがあれば、子どもを死なせることはなかったと思います。この隆史の罪が、悲惨な結果をもたらしてしまったと考えます。


一方で隆史は、地域では、中学高校と野球部で全国大会で活躍し、建設会社で働きながら少年野球のチームのコーチを務め、誰からも尊敬されています(p76)。"笹谷コーチに子供を預けておけば間違いない” (p76)とまで言われています。蓮音の周辺の男たちも、"おれも野球教わったけど笹谷コーチほど素っ晴らしい人、いねぇべ" (p150)と言っています。

野球チームの親からも、子どもからも、ここまで尊敬されているということは、野球では、選手を認め自信を持たせることができているはずです。野球は、個人の力を合わせてチームで戦うスポーツですので。

 

地域の野球ではできることが、なぜ、蓮音に対してはできないのか。

 

想像するに、理由が二つあります。一つは、尾木直樹さんの言う

熱心な親、まじめで責任感の強い親は、子どもに厳しくなり、寛容になることが難しい-『親だからできる「こころ」の子育て』p161

ということです。"行儀や規則にうるさく、母にも子供たちにも厳しかった" (p72)、また、まだ幼い桃太や萌音にも、"行儀にとてもうるさかった" (p23)、とありますので。妻や子どもに厳しすぎることが、隆史の短所の一つと考えます。

 

もう一つは、"自分の仕事の方がはるかに重要だと思って" (p78)いて、"食べさせてやっている、というだけで自分を偉いと信じ込んで" (p155)いるので、家庭では、"女たちに感謝のことばを述べない" (p156)、"愛や労りの言葉など無駄口" (p156)な男であることです。

よって、妻の琴音からは、"自分の面子しか考えてない"(p66)と、また後の恋人たちからは、"自分以外のみんなを馬鹿にしてる。自分だけが正しいと思いこんでる"(p155)、"冷たい人!"(p155)、"私って、あなたの何なの?"(p156)と言われています。

つまり隆史は、自分だけが正しいと思い、自分の都合のいいようにしか、物事を考えない男だということです。事件後も琴音に蓮音のことを、"あいつは、おまえの子だ。おまえが産んで、おまえのように育って、おまえのような駄目女として人生終わった"(p125)と言い、責任を感じているようには見えません。半分は自分の血なのに。

 

この、自分だけが正しいと思いこんでいるところが、隆史の二つ目の、より重大な短所だと考えます。この短所が、琴音を救えず、蓮音も救えなかった要因でしょう。隆史は精神に変調をきたした琴音に、"あたまのおかしいおまえの相手するの、ボランティアより大変だな" (289)という言葉を投げつけます。少年野球のボランティアより、仕事より、妻を救うことの方が「大切」であることが、わかりません。

 

隆史は、父親としてこうはなりたくない、という反面教師です。どんなに仕事や地域で成功し、尊敬されようと、妻や子どもを不幸にしては、その人生に意味はありません。私自身、職場では同僚や部下の女性を労えても(だぶんできている?)、奥様を心から、ただ労うのは、本当に難しいです。つい、やって当然、と思ってしまうところがあります。また、他人の子には寛容になれることも、自分の子には必要以上に厳しくしてしまうところがあります。気をつけなければいけません。

つみびと (単行本)

つみびと (単行本)

 

▼紹介した子育て本 

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

 
子育てハッピーアドバイス

子育てハッピーアドバイス

 
尾木ママの 親だからできる「こころ」の子育て (PHP文庫)

尾木ママの 親だからできる「こころ」の子育て (PHP文庫)