しあわせ情報室

しあわせについて、感じたり考えたりすることを書いています。

損保ジャパンの4,000人のリストラに思う。AIに損保の仕事はできても、認知症高齢者の介護はできない。

損保ジャパンのリストラがニュースになりました。ITの活用などによる業務効率化で、国内損保事業の4,000人が、介護や警備の子会社に転籍になるようです。

www.jiji.com


このニュースに思うことは、ITの活用やAI技術で損害保険の会社の仕事は減らせても、AIに認知症高齢者の介護はできないだろうなぁ、ということです。

根拠は、国立病院機構東京医療センター高齢者ケア研究室が制作した、この7分弱の動画です。

www.youtube.com

認知症のお父さんにご飯を食べてもらおうとする娘さんの、失敗例と成功例です。

 

現状AIは、言語などによる正しい情報入力が前提になっていると思います。わが家のAIスピーカー「Amazon Echo Dot」くんは、少し言い間違いをしたり、話しかける後ろで騒音があると、うまく聞き取ってくれません。

認知症の高齢者は、そもそも言語によるコミュニケーションが難しくなります。そういう人のケアを、どうやってAIができるのでしょう。

 

この動画で紹介されているケア技法は、「ユマニチュード」です。

公式サイトはこちら。

igmj.org

 

最近のニュース報道はこちら。

www.fnn.jp


認知症に限らず介護の仕事は、聴覚(=言語)だけでなく、五感のすべてを同時に使います。視覚(肌の色つや、皮膚や爪の変色、血が出ていないか)、嗅覚(へんな臭いがしないか)、触覚(体温に異常がないか)、味覚(食事の温度、味)など。子育ても同じですね。

 

新井紀子先生の『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』によると、AIに不得意な分野は、"高度な読解力と常識、加えて人間らしい柔軟な判断が要求される分野"(p171)とのこと。こういうAIに、五感のすべてを同時に一瞬に使う介護(や子育て)の仕事ができるとは、現状思えません。

 

する側も、される側もしあわせな介護は、チェスや囲碁や将棋のように、答えが決まったゲームではありません。介護や子育ては、AIには簡単に真似できない、複雑で高度なコミュニケーション能力が必要とされる仕事だという一面を、知っておく必要があると思います。

 

▼人間らしいコミュニケーションとその力を教えてくれる、しびれる本です。

「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか

「ユマニチュード」という革命: なぜ、このケアで認知症高齢者と心が通うのか

  • 作者: イヴ・ジネスト,ロゼット・マレスコッティ,本田美和子
  • 出版社/メーカー: 誠文堂新光社
  • 発売日: 2016/08/03
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る