しあわせ情報室

人生を家族と一緒に楽しむための情報集。子育てと教育を中心に。

食べるのが遅い息子に教えられた、大切なこと。

スポンサーリンク

小4の息子は食べるのが遅いです。
奥様の悩みです。

なぜかというと、おしゃべりが大好きだから。
男の子なんですけどね。

 

夕食はたいてい、祖父、祖母、奥様、息子と私の5人でとります。
息子は、今日あったこと、なぞなぞ、これ知ってる?と、話に夢中になります。落ち着いて食べません。

当然遅くなって、大人が食べ終わり、いつも一人になってしまいます。
そのうち、「早くしなさい!」と、奥様の怒号が鳴り響きます。

 

困ったなと思っていました。
営業職のころ、仕事ができる人は間違いなく食べるのが早かった。
このままでいいのか心配でした。


でも、本当は食事って、卓を囲む人とみんなで、いろいろと話しながら、ゆっくり楽しむものだって、気がつきました。


大人はそんなことを忘れて、見たいテレビや、しなきゃいけない家事など、ほかのことに気をとられて、せっかくの食事の時を楽しまずに、味あわずに急いで食べているのかもしれません。


明日は息子の話を聞いて、ペースをあわせて、ゆっくり食べてみようと思います。

そのうちに、必要な時には早く食べられるようになると思って、気長に待つことにします。

 

関連記事>>>
笑うと元気になることを、息子に教えてもらいました。
赤ちゃんのころの息子の笑顔から、「無条件の愛」を知りました。