佐藤可士和さんが教えるプレゼンの基本

日経産業新聞の2008年9月30日の記事で、アートディレクターの佐藤可士和さんがプレゼンについて教えてくれています。

プレゼンは説得する場ではなく共感を呼ぶ場というのが、僕の持論です。

考えていることを相手に素直に伝えるのが基本です。

プレゼンの成否を決めるのは内容です。

まず伝えたいことがあるか、あればそれが何か考えて見てください。

テクニックの問題ではないのです。

普通の人と同じような感覚で話すことを心がけているので、共感を得ることができるのです。

なるほど。

プレゼンというと、とかくテクニックを気にしがちですが、「内容」と「共感」が大事なのですね。

佐藤可士和さんの著書『佐藤可士和の超整理術』にも、次の言葉があります。

デザインやビジュアルの力を使って、本当に伝えたいことを相手に届けることではじめて、広告は機能する

新聞記事の「プレゼンの成否を決めるのは内容」「普通の人と同じような感覚で話す」や、著書の「本当に伝えたいことを相手に届ける」部分は、ブログを書くことにも学びになる言葉です。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる