「夢も希望も何も考えられない!」「頭が真っ白!」なときに 手帳を見返してみる

何かのきっかけでふと、「もう夢も希望も考えられない!頭の中が真っ白!」となってしまったときに、どうするか。

いまの私の対処法のメモです。

まずは目を閉じ、落ち着いて一つ深呼吸する。
そして、『能率手帳の流儀』(野口晴巳)を手に取り、最初の文を読む。

 夢や目標をもちなさいとよくいわれます。それが、成功への道だともいわれます。大きな望みに向かって突き進んでいくのはすばらしいことですが、一方で自分の将来像を描けず、悩んでいる人が多いのもまた事実です。

続けて次を読む。

 夢や目標はある日突然ひらめくものではありません。また、他人におしつけられるものでもなければ、流行だからといって安易に掲げるものでもないと思います。自分はどんなことをしてきたか、いったいどんな人間なのか。これまで生きてきた時間と向き合うことなしには、将来の方向性も見えてはこないでしょう。

 (※太字は私がつけました)

その後、手帳を開き、過去のページをパラパラ見返してみる。
そしてともかく、もやもやしていることを書いてみる。

するとだんだん落ち着いてくる。
少しずつ、目の前のことに手がつけられるようになる。

以上です。

いろいろと気をつけているつもりでも、つい心配ごとや不安や誘惑にとらわれて、頭が真っ白になることがあります。

そんなときにすることを一つでも決めておくと、今後も助けになりそうです。

>>>四角大輔さんのこのことばも、胸にしみます。 

答えは外ではなく、常にあなたの内側にある。つまり、これまで歩んできた人生に根付くルーツと、あなたの心の中にあるということ。

『人生やらなくていいリスト』から「自分らしく生きる以外に成功はない」と知る(就職氷河期世代の生き方を考える本その2)

■紹介した本はこちら。初めて読んでから10年以上、何度読んでも学びがあります。

created by Rinker
¥1,220 (2021/03/05 01:54:36時点 Amazon調べ-詳細)

関連エントリー:

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる