「現代に“画一的な幸せのロールモデル”は存在しない」(堀江貴文)

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その20です。

堀江貴文さんと落合陽一さんの共著『10年後の仕事図鑑』から、次のことばを紹介します。

これからは、自分で生き方をデザインしなければならない時代になっている。「こんな人生が幸せである」といった理想の人生モデルが崩れかけているのだ。

(中略)

インターネットが世界を狭め、グローバルにつながった現代に、”画一的な幸せのロールモデル”は存在しない。これを悲壮なことだととらえるのか、素晴らしいことだととらえるのかはあなた次第だ。(p3)

江さんの時代を捉える嗅覚が優れていることは、過去のインターネット事業、プロ野球参入計画、ニッポン放送買収、刑務所での服役を経た今の姿から、確かでしょう。

このことばも、その嗅覚の一つだと感じます。

画一的なロールモデルがない現代では、何がしあわせなのか自ら考え続けていないと情報の洪水の中で自分を見失う、と私は意識しています。

また堀江さんは著書の『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』に、「成功者をバッシングするのか、それとも称賛するのか。これは『嫉妬心』と『向上心』の分かれ道」「すべての羨望は、向上心に転換可能」と書いています。

同じ年の同じ月に生まれた一人として、リッチな堀江さんに正直に感じる羨望を、嫉妬心でなく向上心に転換していきます!

19<< 【しあわせについて学ぶことば】20 >>21

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる