しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

「幸福というものは、主観の断定にある」(中村天風)

f:id:Kenden:20191218181950j:plain

中村天風先生の本から、しあわせについて学ぶことばを紹介します。

稲盛和夫さんの本に、中村天風先生の次の教えがたびたび出てきます。

 

新しき計画の成就はただ不撓不屈の一心にあり。さらばひたむきにただ想え、気高く、強く、一筋に。

 

この教えを稲盛さんはかつて京セラの経営スローガンとし、最近ではJAL再建で各職場に張り出したそうです。

 

このことを知ってふと本棚の『ほんとうの心の力』(中村天風)を開いたところ、しあわせの本質をつく一節を見つけました。

 

 幸福というものは、決して、現在の自分の環境が変わったとか、あるいは富の程度が変わったからということで感じるものではない。

 なぜかというと、幸福というものは客観断定にあらずして、主観の断定にあるからです。はたからどんなに幸福そうに見えてもそれは幸福とは言えないんですよ。本人がしみじみ、ああ、私は幸せだと思えないかぎりは、本当の幸福を味わうことは出来ない。

 それはちょうど、はたから見て、あの人間は金がありそうだな、と見えても、本人に金がなければ何もならないでしょう。はたから見て、あの人間は丈夫そうだな、と見えても、本人が丈夫でなければ何もならないのと同じことです。

 はたから見て、どんなに幸福そうに見えても、あなた方の精神生命のあり方が、根本的に切り替えられない限りは、幸福は来ないのであります。

 

13年前に読んだ本です。それから何度か見返していますが、これまではこのことばの重みがわからなかったようです。

この内容を、いまの私にあてはめて考えます。

いま私がしあわせかどうかは、次のような客観的な事実では決まらない。

  • 正社員、非正規社員、自営、無職
  • 年収が平均より高い、低い
  • 資産が平均より多い、少ない
  • 既婚、未婚、離婚歴
  • 子どもの有無
  • 私の性別、容姿、健康、病歴、職歴、学歴
  • 奥様の性格、健康、容姿
  • 息子の性格、健康、成績、運動神経
  • 親の事情、資産

しあわせは主観。

私が心の中で決めることです。

 

では、

これまで、どんなことにしあわせを感じたか。

これから、何が起きればしあわせだろうか。

人生が終わるとき、どんな思いでいればしあわせだろうか。

そしていま、何をすればしあわせか。

  

こんなことを時にはじっくり考えると、なんだか楽しそうです!


>>>実業界だけでなく、プロ野球の大谷翔平、王貞治、広岡達朗も天風先生に学んだそうです。

gendai.ismedia.jp

 

>>>天風先生の名言集。松下幸之助さんの『道をひらく』と同じ作りでビニール製のカバーの本。チェックはこちら!!

 

>>>稲盛和夫さんが天風先生の教えを紹介しているところは、近著では『心。』のP24、『考え方』のP41にあります。

 

20<< 【しあわせについて学ぶことば 19】 >>18

 
関連エントリー: