しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

「現代に "画一的な幸せのロールモデル" は存在しない」(堀江貴文)

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その20です。

堀江貴文さんと落合陽一さんの共著『10年後の仕事図鑑』から、次のことばを紹介します。

 

これからは、自分で生き方をデザインしなければならない時代になっている。「こんな人生が幸せである」といった理想の人生モデルが崩れかけているのだ。

(中略)

インターネットが世界を狭め、グローバルにつながった現代に、"画一的な幸せのロールモデル"は存在しない。これを悲壮なことだととらえるのか、素晴らしいことだととらえるのかはあなた次第だ。(p3)


堀江さんの時代を捉える嗅覚が優れていることは、過去のインターネット事業、プロ野球参入計画、ニッポン放送買収、刑務所での服役を経た今の姿から、確かでしょう。

このことばも、その嗅覚の一つだと感じます。

 

画一的なロールモデルがない現代では、何がしあわせなのか自ら考え続けていないと、情報の洪水の中で自分を見失う、と私は意識しています。

 

また堀江さんは著書の『ゼロ なにもない自分に小さなイチを足していく』に、「成功者をバッシングするのか、それとも称賛するのか。これは『嫉妬心』と『向上心』の分かれ道」「すべての羨望は、向上心に転換可能」と書いています。

同じ年の同じ月に生まれた一人として、正直に感じる羨望を、嫉妬心でなく向上心に転換していきます!

 

>>>紹介図書のチェックはこちら!!

 

21<< 【しあわせについて学ぶことば】20 >>19

 

関連エントリー: