しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

「われわれは幸福を求める。しかし、惨めさと死としか見いださない」(パスカル『パンセ』より)

【しあわせについて学ぶことば】シリーズ、その21です。

 

われわれは、真理を望む。しかし、われわれのうちには不確実さしか見いださない。

われわれは幸福を求める。しかし、惨めさと死としか見いださない。

われわれは真理と幸福を望まないわけにはいかない。しかし、確実さにも幸福にも達することができない。

この欲求がわれわれに残されているのは、われわれを罰するためであると同時に、われわれがどこから堕ちたかを感じさせるためである。

 

パスカルの『パンセ』(中公文庫 2018年7月改版)第七章437です。

 

このことばと一緒に考えたい内容が、藤田一照さんの『ブッダが教える愉快な生き方』に出てきます。

この本には、人間であればブッダでも誰でも自分の中に「悪魔」がいるが、「目覚めた人」でなければそのことに気づけない、とあります。

そして「悪魔」とは、人間を道から踏み外させる衝動、いわゆる煩悩のことである、とのこと。

また、ブッダは生老病死は思い通りにならない人生の絶対事実(=ドゥッカ)と言っている、ともあります。

 

パスカルの「われわれがどこから堕ちたかを感じさせる」と、ブッダの「悪魔(=煩悩)に気づく」は、同じことを言っているように感じます。

また「幸福を求めても死しか見いださない」と、「生老病死は思い通りにならない人生の絶対事実」も、同じ内容だと思います。

 

時には静かに、パスカルやブッダのことばを読んでみるのも楽しいものです。

以上、しあわせについてのパスカルのことばの紹介でした。

 

>>>『パンセ』は2018年7月の改版で重要語句索引が収録されました。
有名な「考える葦」や「クレオパトラの鼻」の参照に便利です。
チェックはこちらでどうぞ。

 

>>>『ブッダが教える愉快な生き方』のチェックはこちらです。

 

22<< 【しあわせについて学ぶことば】21 >>20

 

関連エントリー: