しあわせ情報室

日々の子育てや生活を楽しんで、明日がもっとしあわせであるように、中年男子が考えることを書いています。

緊張を、どう乗り越えるか。「笑顔」は、脳科学にもとづいた対処法です。

スポンサーリンク

息子のソフトテニスの試合が続いています。子どもたちを見ていると、普段の練習とは違い、緊張している様子です。ピンチのとき、ファーストサービスが入らず、セカンドサービスになったら・・・。大人でも緊張しますものね。

 

緊張している子どもたちに、どう声をかけたらいいのか。

 

まずは、スポーツで緊張することがいいのか悪いのか、先日読んだ織田信成さんの『フィギュアほど泣けるスポーツはない!』から学んだことがあります。次に紹介します。

これからの日本を背負う若い選手に特に聞いてほしいのですが、「緊張しないから心が強い」ということではないのです。緊張しているけれど、それを乗り越えられるから強いんです。人並みに緊張するし、人並みの弱さもある。でも、それに負けずに立ち向かっていく、そんな羽生選手の姿に、僕は心を動かされて感動するのです。(p162)

 

また、脳神経外科医の林成之先生は、著書の『〈勝負脳〉の鍛え方』の中で、"勝負の最中にリラックスするな" と言っています。次の通りです。

勝負どころで緊張することは間違いではありません。というよりも緊張しなくては勝負に勝てません。人間は緊張することによって交感神経の働きが高まり、心臓や脳がフル回転するのです。心臓の音が聞こえるくらいドキドキするのは、交感神経が異常興奮状態で働くためです。(p107)

 

なるほど。あの羽生結弦選手だって緊張するし、リラックスするのではなく、緊張を乗り越えることで力を発揮するのですね。これはスポーツに限らず、仕事や生活のすべてにいかせることばです。息子や子どもたちにも、タイミングよく伝えられればと思います。

 

一方で林先生は、"緊張しすぎて力が出せないのでは、元も子もありません"(p106)と言います。"問題は、交感神経の興奮を保ったまま、その弊害をどう乗り越えるかにあります" (p107)ということです。

 

そして、緊張しすぎたときの対処法の一つとして、"笑顔を鍛えよ"(p109) ということをあげています。"人間は笑顔のまま緊張するのは非常に難し"く、"きちんと脳科学にもとづいた方法" なのだそうです。

 

「笑顔」については、高校野球の奇跡的な逆転勝ちの秘密として、以前の記事でも書きました。

脳科学的にも、ピンチのときや緊張しているときに、「笑顔でいこう!」は強力なのですね!

 

ソフトテニスの応援のかけ声に、「笑顔は勝利の第一歩!」というのがあります。もしかしたら、脳科学者がつくったフレーズなのかもしれません。

 

フィギュアほど泣けるスポーツはない!

フィギュアほど泣けるスポーツはない!

 
<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)

<勝負脳>の鍛え方 (講談社現代新書)