イチローの才能「平常心でいられない自分を受け入れる」と「自己実現的人間」「あるがまま」

Number(ナンバー)976号「完全保存版 イチロー戦記。」のイチローさんのインタビュー記事に、この記事で書いたのほかにも、ぐっとくることばがありました。

以下に紹介します。

ー自分の一番の才能は何だと思っていますか。

「平常心でプレーすることなどできない、ということを受け入れていることだと思います。平常心でいられない自分を受け入れて、そこに立ち続けること。たくさんの人がそこから逃げようとするのを見てきましたし、その気持もわかります。でも、それでは前に進めないのです。常にリラックスした状態の自分でなければ結果が出せないということでは、続けることはできません。だから普通の自分じゃない、つまり平常心でいられなくても逃げずに立ち向かう自分がいる、それは重要なポイントだと思います。どんなときでも心に芽生えてしまった重圧を背負ってそこに立つこと……これこそが僕の才能なのかもしれません」 

ここにある、「平常心でいられない自分を受け入れて、そこに立ち続ける」は、まさにマズローの言う「自己実現的人間」の特性

「欲求五段階説」が有名な心理学者マズローの著書、『人間性の心理学』(産能大学出版部)の11章「自己実現的人間」に、こんな言葉があります。

彼らは、人間性の脆さや罪深さや弱さ、邪悪さを、あたかも自然を自然のままに無条件に受け入れるのと同じ精神で受け入れることができるのだと言わなければならない。(中略)子どもが偏りや批判のない無邪気な目で世界を眺め、事実をありのままに観察し、いたずらに論じたり、別のものであればと願ったりすることがないように、自己実現的人間も自分自身や他の人々の人間性を、そのまま受け止めるのである。(p232) 

また、精神療法の一つである「森田療法」にも、「あるがまま」というキーワードが出てきます。

「あるがまま」についてまずは、岩井寛先生の『森田療法』(講談社現代新書)から。

逃避したいという一方の欲望(症状)をそのままにしておき、もう一方のよりよき実現をしたいという欲望に従った行動をとっていくことであろう。つまりこれが「あるがまま」である。(p148) 

次に、北西憲二先生の『はじめての森田療法』(講談社現代新書)から。

人生の困難、苦を引き受けてこそ、健康な生の欲望を実感し、素直にそれに乗っていけるのです。そのように、あるがままとは、受け身なだけではなく、ダイナミックな動きを伴う経験なのです。(p130) 

「自己実現的人間」と「あるがまま」を踏まえて、イチローさんの言わんとすることを想像します。

2009年のWBC(ワールドベースボールクラシック)決勝の韓国戦、延長10回表のチャンスでの打席。

この試合の前までの打率は.211と不調。

ここでヒットを打てず、もし日本が負ければ、イチローが打てなかったから、イチローのせいで負けた、と言われる。

この重圧を感じる自分を受け入れて、そこに立つ。

そして純粋にヒットを打ちたい、試合に勝ちたい、という思いを実践する。

イチローさんはこの記事の中で、WBCの日の丸の重圧を「今まで経験したことのない恐怖」と言っています。

森田療法にも、「恐怖突入」という言葉があります。

イチローさんが森田療法を学んでいるとは思えません。

メンタルトレーナーが学んでいたのか、森田正馬先生が慧眼なのか…。

イチローさんとNumberから、マズローの心理学や森田療法を学ぶ実践の、いい機会をいただきました。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる