40代・50代を応援することば集 「絶対時間で大樹を目指せ」「人生は遅咲きでいい」

愛読書の『能率手帳の流儀』に、「絶対時間で大樹を目指せ」と「人生は『遅咲き』でいい」ということばがあります。

内容は次の通りです。

私たちがよく使う「絶対時間」とは、一人前になるためには絶対に必要な時間があるという意味です。「桃栗三年、柿八年」などといいます。屋久杉やレバノン杉にいたっては千年、二千年をかけてあの大樹になっています。(p150) 

同様に、人が何者かになるためにはある一定の時間が必要なのです。もちろん特定の能力を突出させるだけなら、短時間でもできなくはないでしょう。しかし、全人間的な、包括的な、人間としての能力、教養、品格といったものをあわせもつには、そうとうの養成期間がかかるということです。(p150) 

有能で謙虚な人ほどわかっています。一角の人物となるためには、二十年や三十年は絶対に必要なのだという真実が。そう考えると、私たちも非常にラクになりますね。早咲きはしょせんあだ花。時間をかけて根をはり、幹を太くし、やがて大樹となれば風雪にもめげない。年齢を重ねた幹は、そこにいるだけで重厚さや深みたたえる存在となることでしょう。(p151)

「史上最年少」や「最速」をめざす必要はありません。毎日を着実に生き、基礎をしっかり固めればいい。一日一日の積み重ねが絶対時間に達したとき、必ず大輪の花が咲くはずです。(p152) 

同世代ですでに事業を成功させたり、一財産を築いている人を見ると、うらやましく思うことがあります。

自分より若くして注目されている人を見ると、私の歳ではもうダメなのかなぁと、気分が沈むこともあります。

そんなときに、このことばをまた読みたいと思います。

また、この中の

「毎日を着実に生き、基礎をしっかり固めればいい。一日一日の積み重ねが絶対時間に達したとき、必ず大輪の花が咲くはずです」

は、子育てでも忘れすにいたいことばですね。

¥1,748 (2021/09/24 19:43:02時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる