しあわせ情報室

「しあわせ」に役立つ情報を記録しています。生きとし生けるものがしあわせでありますように。

子どもにパパママがスキーを教えよう!(おすすめの本 編)

今回は、おすすめの本の情報をまとめます。

1.こどもが伸びる!スキーの教え方

子どもに教えるための心得が、一番詳しく書いてある本です。
「ひとつの形にこだわりすぎない」「スキーを一緒に楽しむことが基本」ということを、この本に教えてもらいました。
技術は主にプルークボーゲンまでです。パラレルターンについては、あまり詳しくありません。骨格、筋力、体格等が充分に発達してからでないと、形だけで意味がないとのことで、小学5、6年生ぐらいからの指導がお勧めだそうです。なるほど。
全編カラーではありませんが、写真は見やすくわかりやすいです。

こどもが伸びる!スキーの教え方―人気キッズスクール虎の巻

こどもが伸びる!スキーの教え方―人気キッズスクール虎の巻

 

 2.こどもスキーわくわくレッスン

こちらは2015年発行と比較的新しく、全編カラーなのがうれしいです。
心得と技術がバランスよく書かれています。
「スキーを通して親の考え方や生き方を伝える」「かっこいい大人の姿を見せる」ということは、この本に教えてもらいました。
技術の解説は1よりもこの本が詳しいです。子どものパラレルターン完成形まであります。 

ぐんぐん上達! こどもスキーわくわくレッスン (SJセレクトムック)

ぐんぐん上達! こどもスキーわくわくレッスン (SJセレクトムック)

 

3.親子ではじめるスキー入門

この本の価値は付属のDVDにあります。子どもが用具やスキーに慣れるところから滑るところまで、映像で見ることができます。伊東秀人元デモが子どもに教える話し方やことばの使い方も、勉強になります。
心得や技術の解説は、1や2の方が詳しいです。代わりに、パパママのための上達ドリルがついています。

親子ではじめるスキー入門―用具の扱いからはじめてのターンまでを完全サポート (COSMIC MOOK)

親子ではじめるスキー入門―用具の扱いからはじめてのターンまでを完全サポート (COSMIC MOOK)

 

4.やってみよう!スキー

こちらは小学生が自分で読むための本です。本好きなお子さんに。
子ども向きな本のため、必要な情報がシンプルにまとまっていて、参考になります。
「形(フォーム)にとらわれることなく、自然な感覚でスキーの喜びを体験できるように」とあって、その通りだなぁと思いました。

やってみよう!スキー (小学生レッツ・スポーツシリーズ)

やってみよう!スキー (小学生レッツ・スポーツシリーズ)

  • 作者: 野沢温泉スキークラブ
  • 出版社/メーカー: ベースボールマガジン社
  • 発売日: 2007/02
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 ○買うとしたら

1~4のすべてが、残念ながら絶版のようですね。
1~3で中古で入手しやすいのは1のようですので、まず1を手に入れて、チャンスがあれば2も3も買ってしまいましょう!
4は、置いている図書館が多いようです。

▼関連の過去記事

子どもに「パパママ」がスキーを教えよう!一緒に楽しむコツ(心得&事前準備 編) - しあわせ情報室

子どもに「パパママ」がスキーを教えよう!(技術編 プルークボーゲンまで) - しあわせ情報室