生後3カ月の子どもに『声に出して読みたい日本語』を読み聞かせ

生まれて3カ月の息子に、何か本を読んでやりたくなりました。

そうはいっても、言葉やお話を理解できるはずもありません。

そこで、言葉を聞かせるだけでもと思い、『声に出して読みたい日本語』を選びました。
(2009年当時は単行本でしたが、今は文庫になっています)

「祇園精舎の鐘の声~」
「ゆく河の流れは絶えずして~」
「学びて時に之れを習う~」

など。

実は、自分も朗読していて楽しいものばかり。

息子のためというより、私の趣味ですね。

しか~し、奥様いわく、息子が「あー」とか「うー」とか言うようになった!

美しい日本語には、力があるのですね。

まぁそのうちに、私が子供の時そうであったように、ウルトラマンの絵本などをせがむのでしょうが…。

もう少したったら、Cateさんご紹介の絵本を、一緒に読みたいなと思います。

以上、生後3カ月の息子に『声に出して読みたい日本語』を読み聞かせたという話題でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる