メニュー
カテゴリー
【中学生通信教育】親が選ぶおすすめ7社のレベル別比較 ⇒

新旧の手帳の切り替え

明けまして、おめでとうございます!

12月から1月にかけてすることの一つに、新旧の手帳の切り替えがあります。

いままでは、新しい手帳のスケジュール欄がはじまる日がきたらすぐに切り替えていました。

今年は趣向を変えて、12月31日まで前の手帳を使って、1月1日から新しい手帳を使いはじめました。

早く使いたい気持ちをグッとこらえ…。

なぜかというと、「予定の管理」よりも「毎日の記録」として、手帳を使うことを意識しているからです。

12月31日まで使ってはじめて、1年の記録が完成する感覚です。

これには、『能率手帳の流儀』を読み、能率手帳ゴールドを使いはじめた影響が大です。 

新しい手帳の12月のスケジュール欄には、年が明けてから、記録しておいたほうがよいと思うことだけを転記しました。

この切り替え方式で、1年を振り返り、気持ちを新たにする「節目」を、今まで以上につけられたように感じます。

前の手帳は今も手元に置き、あのとき、あんなことがあったな~、これはうまくいったな~、全然成長してないな~、と見返しては楽しんでいます。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
トップへ
目次
閉じる