手帳の切り替えのタイミングはいつがいい?おすすめは1月1日です

2010年から使っている能率手帳ゴールドを並べてみました!


1月始まりの手帳を使っていると、毎年11月から12月に、手帳の切り替え時期のタイミングがきます。

私はここ数年、手帳の切り替えのタイミングを、

今年の手帳を12月31日まで使って、1月1日から新しい手帳を使う

としています。

以下にポイントを説明します。

目次
スポンサーリンク

12月31日まで

  • 12月31日まで今年の手帳に記録やメモを書く
  • 12月31日までは、新しい手帳には1月1日以降の予定のみを書く

手帳を日記として使うイメージです。

新しい手帳への予定の書き込みは、手帳を買ったらすぐに始めてOKです。

1月1日から

  • 1月1日から、新しい手帳に記録やメモを書き始める
  • 新しい手帳を使い始めたら、前年の日記(スケジュール)欄に記録を転記する
  • 1月中に、前年の手帳の最終ベージ近くに、その年にあった主なできごとを箇条書きで書く

これで、手帳1冊が1月1日から12月31日までの1年の記録になります。

前年の記録の転記については、例えば能率手帳なら12月1日の週からスケジュール欄がはじまっているので、この間の記録として残しておきたいことを書き写していきます。

こうしておくと、毎年の定例行事の多い12月に前年の記録の参照がすぐにできて便利です。

手帳1冊を1年間の自分史として積み重ねていく

この1冊1冊の記録の積み重ねが、そのまま自分史になります。

能率手帳ゴールド 2022年 積み重ね
2010年から2022年までを積み重ねました

私は綴じ手帳を使い始めた2008年からの手帳を残していて、すぐに見返せるようにしています。

それ以前の記録がないのが、とても残念です。

ないものはしょうがないと切り替えて、残してある手帳を自分を振り返ることができる財産にし、これからも記録を続けていきます。

以上、手帳の切り替え時期のタイミングは1月1日がおすすめ、という話題でした。

日本能率協会マネジメントセンター
¥5,500 (2021/09/28 15:55:32時点 Amazon調べ-詳細)
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる