しあわせ情報室

辞書と能率手帳好きが書く、しあわせのための知識がテーマのブログです。

人気記事
中学生 国語辞典 比較 おすすめ
NOLTY 能率手帳1 おすすめ
BMW  アクティブツアラー F45 218i
一流スポーツ選手27人の親の事例集

一番助けられた育児本は 『定本 育児の百科』(岩波文庫)

息子が生まれてからこの11年の私の最大の関心事は、子育てです。

本田健さんが本に書いている次のことばを胸に、できるだけ多くの時間を息子と過ごしてきました。 

「子どもと一緒にいて、心から楽しいのは、最初の10年です」
「人生で一番後悔していることという問いの答えで最も多いのは、子どもとの時間をもっと持てばよかったというものです」

(関連記事>>>子育て10年を振り返り、本田健さんのありがたさがわかりました

元来ノウハウ本やハウツー本が大好きなので、育児本もいろいろと漁ってきました。現在手元にある本はこんな感じです。 

f:id:Kenden:20200201203152j:plain

f:id:Kenden:20200201203200j:plain

 

そんな私が、息子の調子が悪い時、困った時、悩んだ時に一番助けられた本は、松田道雄先生の『定本育児の百科』(岩波文庫)です。

 

この本の元になった『育児の百科』の発行はなんと1967年。今から53年前です。これほど長い年月読みつがれている育児本が、他にあるでしょうか。

その後は特に医学の新しい知見を反映し、1980年に新版、1987年に最新版、1999年に定本版が発行され、ここまでの通算発行部数は160万部とのこと。親子二代にわたる愛読者も多いそうです。

そして、「医師であり戦後の代表的思想家松田道雄の文字通りのライフワークである本書が、これからも読みつがれるべき育児書の古典としての生命を持ち続けるものという確信」(下巻 岩波文庫編集部付記)から、先生の没後約20年を経て2007年に岩波文庫に収録されました。

 

著者の松田道雄先生は、「民家の家を借りて、薬剤師も看護師もおかず、母と妹に受付をしてもらっている」町医者でした(下巻p547)。

レントゲンや検査室を持たない町の医者のため、診断を誤らないために、子どもがどう育ってきたかや今の生活状況、父親の育児への参加(!)を母親にこと細かく聞き、その間に子どもを玩具で遊ばせて元気度をみながら診察してきました。

そうして知ったことを残らず伝えたいという気持ちがつのり、何でも書いてある字引きのような育児書を書くことにしたそうです。

 

字引きのような育児書という通り、章立ては「誕生まで」「1週まで」「半月まで」「1ヶ月まで」「2ヶ月まで」と満1歳までは1ヶ月ごと、その後は「1歳6ヶ月まで」「2歳まで」「3歳まで」「4歳まで」「5歳まで」「6歳まで」と続き、下巻の「学校へいく子ども」で終わります。

それぞれの章はさらに、「この週(月、年)の赤ちゃん(子ども)」「そだてかた」「環境」「かわったこと」に分けられています。「2ヶ月まで」からは保育園の先生向けに「集団保育」が加わります。

 

実はこの本のことを知り、書店で上巻の冒頭を読んだ時は、私には不要な本だと思ってすぐ本棚に戻しました。こう書いてあるからです。

 

結婚したら母親になるべきだ。仕事への責任や経済的な理由で母親になることをのばしているにしても、30歳までに子どもができるようにしたほうがいい。30歳をすぎてからの子どもはダウン症になる率が高いだけではない。育児は重労働だから、20代の方が体力があっていい。

 

うちの奥様は36歳で初産です。時代錯誤も甚だしいと感じました。

今になって振り返ると、この先生のことばは生物学的には正しいと私は感じます。40歳になって活発な3歳児の男の子を追いかけ回すのはしんどかった~。また、もっと早く長男を生んでいれば、二人目も持てたと思っています。

 

不要だと思っていたこの本を買ったのは、息子が生まれて1ヶ月と少しのことです。当時ともかく息子がよく泣いて、またその泣き声があまりに巨大で、家族みんな困惑していました。同居している義父母は女の子しか育てたことがなく、泣き声もかわいらしかったそうですので。

困っていた時に書店でふと手に取ると、ちゃんと「1ヶ月から2ヶ月まで」の章に「よく泣く赤ちゃん」と項目立てされているではありませんか。読むと、先生うちの子を知っているのですか?というくらい、まさにドンピシャのことが書いてあります。

悩みから救われた先生のことばを紹介します。

 

おなじアパートの赤ちゃんがみんな、しずかにしていると、母親は自分の育児法がへたなのを、まわりの人が嘲笑しているのではないかと、いらいらする。そんなときに父親から「君は育児がへただ」などといわれると死にたくなってしまう。だが一生泣いている人はいない。きっとなおると楽観していい。

 

本当に、おっしゃる通りです。いつの間にか、ちょっとやそっとでは泣かなくなりました。逆に予防接種などの注射では全く泣かずにへっちゃらで、まわりで大泣きしている子の親に自慢したくなるほどでした。

その他にも、「黄疸」「抱きぐせをつけていいか」「叱っていいか」「少食」「反抗期」など、困ったり悩んだりしたときに必ず答えやヒントをくれました。

 

特に「叱っていいか(禁止)」については、なんと「11ヶ月まで」「1歳6ヶ月まで」「3歳まで」「4歳まで」「6歳まで」と5つもの月齢にあわせて、それぞれアドバイスをくれます。

つい子どもに声を荒げたり、思わず頭をひっぱたいてしまったとき(1度だけあります。4歳くらいでしたかね。その時の息子の顔は忘れられません)に、いつも見返していました。

 

その他に特に心に残ってるのは、「11ヶ月から満1歳まで」の「お誕生日ばんざい」のこの部分です。

 

1年をふりかえって、母親の心にもっともふかくきざみこまれたことは、この子にはこの子の個性があるということにちがいない。その個性を世界じゅうでいちばんよく知っているのは、自分をおいてほかにいないという自信も生まれたと思う。その自信をいちばん大切にしてほしい。

 

赤ちゃんとともに生きる母親が、その全生命をつねに新鮮に、つねに楽しく生きることが、赤ちゃんのまわりを常に明るくする。近所の奥さんは遺伝子のちがう子を育てているのだ。長い間かけて自分流に成功しているのを初対面の医者に何がわかる。
「なんじはなんじの道をすすめ。人びとをしていうにまかせよ。」(ダンテ)

 

そうなんです。赤ちゃんのときから、子どもにはそれぞれ個性がありました。その個性を一番知っているのは親のはずなのに、成長してくると私もつい他の子と比べてあせってしまうことがあるんです。

なんじはなんじの道をすすめ!

こんなことを書いてくれる育児本は、知る限りありません。

 

この本はずっととっておき、息子に子どもができたら、書き込みや付箋をつけたまま渡すつもりです。少々恥ずかしいですが。 

3冊合計で1,684ページもありますが、下巻の巻末に全巻索引があって便利です。読み応えがありますので、本好き、読書好きのパパママにぜひ手にとってほしいです。 

以上、『定本 育児の百科』(岩波文庫)の紹介でした。

 

>>>チェックはこちら。全3冊セットでどうぞ。

 

>>>キンドルもあります。

 

>>>元になった本です。

 

関連エントリー: