『子育てハッピーアドバイス』は200刷以上!子育ての疑問も父親の役割も学べる本

『ドラえもん』の名シーンの紹介をする次の記事の中で、『ドラえもん 第2巻』が220刷で驚いたと書きました。

以来、他に200刷以上の本があるか気になっていると、本棚に一冊ありました。

子育てハッピーアドバイスです。

手元にあるものが2007年3月で161刷。

思わず編集部に電話して確認すると、最新は2017年10月で210刷だそうです!(※2018年12月時点の情報)

出版社は一万年堂出版という会社で大手ではないとしても、スゴイ数字ではないでしょうか。

著者の明橋大二先生は精神科医で、小学校のスクールカウンセラーもしています。

赤ちゃんや子どもの発達や心理を背景にしたアドバイスに、説得力があります。

診療や小学校の実際の現場が背景にあるのでしょう。

目次
スポンサーリンク

子育てのよくある疑問へのアドバイス

あたためて読み返すと、私も子育てでぶつかってきた疑問に、わかりやすいアドバイスが満載です。

一例を紹介します。 

  • 赤ちゃんに抱きぐせをつけてはいけないか
    ←抱っこされると子どもは「自分は大切にされている」と感じ自己評価が上がる。だから抱っこは大いにやったほうがいい。激しく泣いても抱っこしないことが続くと、ある時から泣かなくなって無表情になる。心のトラブルの始まり。
  • 「甘やかす」と「甘えさせる」はどう違うのか
    ←「甘やかす」…してはならない。過干渉、過保護ともいって、大人の都合で支配すること。
    ←「甘えさせる」…よいこと。必要なこと。子どものペースを尊重すること。
  • 母親が働きに出ることはプラスかマイナスか
    ←「子どもが3歳までは母親が育児に専念すべき」のような3歳時神話には合理的な根拠はない。外野席の声には惑わされず自分の気持ちで決めていい

たくさんの子どもを見てきたからこそ、できるアドバイスだと感じます。 

カーネギーの『人を動かす』との共通点

さらに、再読して新たな学びがありました。

子育てハッピーアドバイス』とカーネギーの『人を動かす』との共通点です。

第1章の「子どもに心配な症状が出るのは、しつけがなされていないからでも、わがままに育てたからでもない」では、問題の本質は「自己評価の極端な低さ」とします。

「自己評価」とは「自己肯定感」「自尊感情」ともいうとのことで、これは、『人を動かす』にある三原則の一つ、「重要感を持たせる」そのものです。

第15章の、「子どもの相手をしていると、カッとなってキレてします。どうしたらキレなくてすむのか」のアドバイスは、自己中心的で、失敗をし、言うことを聞かないという子どもの現実を認めることです。

これは人を動かす三原則の残り二つ、「盗人にも五分の理を認める」「人の立場に身を置く」に通じます。

ロングセラーの本には、時代を超えた共通点がありますね。

赤ん坊も、子どもも、家族も、職場の上司、同僚、後輩も、求めるものはみな同じ…。

今からでもできる、お父さんの子育て

この本のもう一つの特長は、後半の1/4以上のページが、「子どもを守ろうとするなら、まずそれを支えているお母さんを守らなければなりません」と、母親へサポートについて書いてあるところかと思います。

その中で、「今からでもできる、お父さんの子育て」を、次のようにあげています。

  • 初級コース「話を聞く」「労をねぎらう」「情報集め」
  • 中級コース「夜泣きをあやす」「風呂に入れる」「体を使った遊び」
  • 上級コース「料理を作る」「育児、家事の分担」

これは耳が痛い!

初級の「話を聞く」「労をねぎらう」が、一番難しいです!

話を聞こうとしてはいます。

でもつい、奥様の話が延々と続くと、いいかげんにしてくれー、や、主婦はこれくらいやって当然じゃない? と思ってしまうのです。

男と女の違いを、頭ではわかっているつもりです。

ベストセラーの『妻のトリセツ (講談社+α新書)』も『話を聞かない男、地図が読めない女』も『ベスト・パートナーになるために』も読みました。

でも、難しいです。

むしろ中級の「体を使った遊び」や上級の「育児、家事の分担」はできるんです。

相手が子どもで、かわいいですので。

世の奥様の「話を聞く」「労をねぎらう」 を、 毎日実践できるパパは、子育ての超上級者でスーパーエキスパートだ!と思います。

まぁ、座右の一冊の『〈神道〉のこころ』で葉室頼昭先生も、「一番難しいのは女房に感謝」とおっしゃってますので、世のパパさん共通の悩みということで…。

父親は、子どものしつけや教育の前に、「母親の心のサポート」をちゃんとすることが一番大事なんだと、忘れないようにします。

【関連記事】

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる