しあわせ情報室

40代男子が書く「しあわせにいまを生きる」ための情報集。テーマは生き方、子育て、ことば、手帳など。

何が「教育虐待」になるかを、職場のパワハラで考える。

スポンサーリンク

中学受験の本番まで約2ヶ月ということで、今朝の日経に「教育虐待」の記事がありました。

www.nikkei.com

 

この記事の中で、特に考えるところはここです。

教育虐待をする親の多くは、「子どもの幸せのために行動を管理する必要がある」と考え、虐待の自覚はない。一方、子どもは「親の言うとおりにできない自分が悪い」と自らを責めてしまう


教育虐待は親に自覚がなく、子ども自身にもわからない。

 

私にも、どこまでが親の家庭教育やサポートで、どこからが虐待なのか、わからなくなることがあります。過去を振り返って、あれはやりすぎだったなと反省したり…。

 

そんな時ふと、私自身がされたら嫌な職場のパワハラで考えたらどうだろう、と思うようになりました。

 

例えば上の日経の記事のことばを変えると、

パワハラをする上司の多くは、「部下の幸せのために行動を管理する必要がある」と考え、パワハラの自覚はない。一方、部下は「会社や上司の言うとおりにできない自分が悪い」と自らを責めてしまう

となり、そのまま職場でありがちな問題になります。

 

また、記事の中にある

「心が弱い」などと子どもの人格を否定する言葉は慎むべきだ

も、

「心が弱い」などと部下の人格を否定する言葉は慎むべきだ

と、そのままあてはまります。

 

パワハラについては、厚生労働省が委託事業でこんなサイトを作っています。

www.no-harassment.mhlw.go.jp

ハラスメントの例が、イラストでわかりやすいです。

 

下はこのサイトにある「精神的な攻撃」のイラスト。

 

 

子どもに何か言いたくなったら、こうなっていないか、考えてみます。

 

▼過去関連記事

息子が中学受験をするべきか考えた。 - しあわせ情報室

「中学受験」とは「中高一貫校を受験」することだと、最近理解した。 - しあわせ情報室

私立中学と比べて公立中学のいいところ。尾木直樹さんの本から。 - しあわせ情報室