しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
能率手帳を愛用する著名人
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

10歳からの子育てを 3冊の本で考える

10歳からの子育てを考える本

先週土曜に、息子が無事に10歳になりました!
まだ学年はひとつ下ですが、年は『ドラえもん』の「のび太」と同じです。

関連記事>>>息子が「のび太」と同い年になります。親の気持ちを『ドラえもん』で振り返る。

 

このところの息子には、体つきがガッシリしてきたり、言うことがしっかりしてきたりと、いろいろな変化を感じます。

自分の10歳のころを思い出すと、勉強やスポーツで周りとの差を感じたり、好きな女の子を意識したりと、これくらいのときからの記憶がいろいろと残っています。

また、小学校5,6年で担任だった先生の影響を、特に強く受けたように思います。

こういったところから、10歳を目安に、息子への接し方を変える必要があるのかな、と感じています。

 

そこで、次の3冊の本を読んでみました。

・『10代からの子育てハッピーアドバイス』(明橋大二)
・『子育ては、10歳が分かれ目。 』(高濱正伸)
・『男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!』(松永暢史)

 

これらから学んだことをまとめた結論はこうです。
「息子の『自立』を応援し、『本音』で向き合う」

 

『10代からの子育てハッピーアドバイス』によると、10代の子どもは「甘え」と「反抗」の行ったり来たりがとても激しくなる、とのこと。

そして「反抗」は、子どもの心が健全に育っている証拠であり、「反抗」=「自立」だということです。

 

『子育ては、10歳が分かれ目。』は、これから子どもが知りたいのは、「建前」ではない「本当のこと」「本音」だと言います。

そして「本当のこと」を教えられるのは、同性の大人だけだということです。

 

『男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!』は、自分と息子を客観視し、現実の息子を直視して、今の息子にふさわしい新しい習慣をつくりましょう、とすすめます。

 

私はこれまでは息子に、徹底的に「甘え」させることを考えてきました。
「甘え」られることで、「自己評価」が高まり、「自信」が持てるようになるという考えです。

これは間違ってなかったと思っています。

そして自分に「自信」が持てる子どもは、自然と「自立」に向かっていくのでしょう。

 

息子が「反抗」して「自立」のサインを見せたら、うれしく思って、世の中の「本当のこと」を自分のことばで語れる、そんな接し方を目指してくことにします。

 

>>>『子育ては、10歳が分かれ目。』

「甘え」や「自立」というこの時期の子どもへの接し方のほかに、「いじめ」「不登校」「非行」という問題に、明橋大二先生が真剣に答えています。
これらにも注意して、息子の成長を見守っていきます。

 

>>>『子育ては、10歳が分かれ目。』

3冊の中でもっとも、「父親」としての役割が書かれています。
また、小学5年生になる4月1日に、親から子に「子離れ宣言」=「今日からあなたを大人として扱います。もうよけいな口出しはしませんから、自分のことは自分でしっかりやりなさい」と宣言することをすすめています。この宣言をするかどうか、奥様と相談しようと思っています。

 

>>>『男の子は10歳になったら育て方を変えなさい!』

母親向きです。
「塾とかしこくつきあう」の章に「進学塾の内情」があり、とても参考になりました。

 

関連エントリー: