メニュー
カテゴリー
【中学生通信教育】親が選ぶおすすめ7社のレベル別比較 ⇒

能率手帳の週番号では2021年の第1週は1月4日からです

2021年のNOLTY 能率手帳ゴールドを見ていて、気になることがありました。

2021年1月4日(月)からの週がWEEK 1(第1週)になっている!?

1月1日の週が第1週ではないのでしょうか?

急ぎネットで検索すると、公式アカウントのツィートを発見しました。

なるほど。

能率手帳ではISOの国際基準に従って、木曜日が含まれている週を第1週とするのですね。

確かに、1月1日が木曜日だった2015年は1月1日の週がWEEK 1になっています。

NOLTY 能率手帳 週番号 2105年

2021年は1月1日が金曜日なので、まだ第1週ではないのですね。

ややこしいのはこの「ISO方式」のほかに、1月1日が含まれる週を第1週とする「USA方式」があることです。

iPhoneは「USA方式」のようで、カレンダーで週番号を表示すると1月4日は第2週になります。

iPhone 週番号

(参考 iOSの「カレンダー」で、週番号を表示する方法をご紹介!! | マイナビニュース

ちなみにGoogleカレンダーで週番号を表示すると、第1週は1月4日からでした。

グーグルカレンダー 週番号

(「設定」>「ビューの設定」で表示を選択できます)

Googleはアメリカの会社ですが、USA方式でなくISO方式を採用しているのですね。

これまたややこしいところ。

となると気になるのは、日本の他社の手帳です。

「高橋書店」と「ほぼ日手帳」のホームページで2021年の手帳の紙面を確認すると、能率手帳と同じ週番号でした。

業界で調整しているのでしょうか。

日本の手帳ユーザー間で混乱することはなさそうです。

以上、NOLTY 能率手帳の週番号(ウィークナンバー)の情報です。

これまで10年以上能率手帳を使ってきて、初めての発見でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
トップへ
目次
閉じる