馬場俊英の歌『人生という名の列車』は40歳前後の子育て世代のパパの心に響きます

大好きな曲の一つ、馬場俊英さんの『人生という名の列車』を紹介します。

なんと9分42秒!の長い曲です。

この曲を知ったきっかけは、高級トースターで有名なバルミューダの寺尾玄社長の雑誌での紹介です。

検索したら日経ビジネスアソシエで、この中でかなり熱く語っていた覚えがあります。

特に好きなところはこの部分!

ある男性の38歳の心境を歌います。

この戸惑いと不条理の世界 人間社会にようこそ

でもどんな時も 信じること 決してあきらめないで
向かい風に立ち向かう 勇敢な冒険者でありたい

曲の内容は、40歳手前の男性の人生の振り返りです。

小学生でお茶の間で「8時だョ!全員集合」を見て、中学生で読売ジャイアンツに憧れ、それから、W浅野のトレンディドラマ、私をスキーに連れてって、イッキ飲み、ファースト?キスを経て、大学卒業で旅立ちという名のターミナルにたどり着く。

35歳で私鉄沿線のベッドタウンに家を建て、愛する人と二人のかわいい道連れがいて、ふと涙を流し、38歳の現在の心境に至る。

歌詞全文がうたまっぷのサイトにあります。ぜひご覧ください。
人生という名の列車 馬場俊英 歌詞情報 – うたまっぷ 歌詞無料検索

馬場俊英さんはシンガーソングライターで、昭和42年埼玉県寄居町生まれとのこと。

自身が38歳の平成18年にこの曲をつくったそうです。

私もいま近くに住むので親近感が出ます。

馬場さん自身がこのように生きてきたのか定かではありませんが、30代40代で郊外に家を買った子育て世代のサラリーマンの心に、ビンビンに刺さる歌詞ではないでしょうか。

私も自分の人生を重ねてしまいます。

この曲は奥様や息子と一緒ではなく、一人だけで車に乗るときたまに無性に聴きたくなります。

聴くといまでもふと泣いてしまうことがあります。

あぁ、いつまでこの向かい風が吹くのでしょう…。

でもどんな時も、勇敢な冒険者でありたいですね!

以上、馬場俊英さんの『人生という名の列車』の紹介でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる