しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、本・辞書・手帳・子育てなどについて発信するブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
NOLTY 能率手帳1 おすすめ
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

親指シフト入力 導入記 11(82日目 orzレイアウトを導入)

親指シフト入力 導入記 10(81日目 ものくろキャンプでの学び) に続く、開始82日目の記録です。

開始76日目に参加したものくろキャンプのブロググループセッションで、私の打鍵を見たものくろさんから「右手が窮屈」とアドバイスをもらったことを思い出し、「orzレイアウト」の導入を決めました。

 

<スポンサーリンク>

 

 

orzレイアウトとは

 

親指シフト入力で、右手の親指以外で打つ文字と数字のキーを一つ右にずらすレイアウトです。

oyayubi-right-zurashi」の頭文字で「orz」です。

 

WindowsのJISかなキーボードでの一般的な親指シフト入力の設定では、右手人差し指で「Y」と、右親指で「変換」を同時に打って、「よ」を入力します。

親指シフト入力 通常 「よ」

この2つのキーの距離が遠く、右手が親指を内側に折り込む不自然な形になって、つらいのです。

 

この問題を解決するのが「orzレイアウト」です。

右手のホームポジションは人差し指が「K」のキーに来ます。
「よ」を入力するときは、「U」を右手人差し指、「変換」を右手親指で同時に打ちます。

親指シフト入力 orzレイアウト 「よ」

2つのキーが近くなって、右手がずいぶんと楽になります。

またやってみてわかったことに、「enter」キーが近くなることで右手の動きが少なくなる、というメリットまでありました。

 

英数はどうなる?

 

orzレイアウトのデフォルトの設定では、英数の入力も右に一列ずれます。

英字はローマ字入力でタッチタイピングできていたので、何とかなりそうです。
問題は、タッチタイピングできていなかった6~0の数字…。

数字だけ設定を変えようかとも考えましたが、やめました。
いろいろ検討の末に、orzレイアウトが完成しているのでしょうから。

逆にこれを機に、数字もタッチタイピングを目指すつもりでいます。

 

WindowsとChromeのショートカットキーは?

 

Windowsの「ctrl+p」、「ctrl+n」、「ctrl+o」やChromeの「ctrl+h」(履歴)、「ctrl+shift+o」(ブックマークを開く)は、右にずれずに標準のままです。

私はいままでこれらをキーボードを見て入力していたので、逆に好都合でした。

 

試してみて

 

確かに、圧倒的に右手が楽です。
右手の親指が自然な位置に来ることで、気持ちのいい開放感があります。

試しに、 NICOLA派宣言 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム にある頻出語句の入力を久しぶりに練習してみたことろ、これまでよりずっとスムーズな実感がありました。

 

もっと早くorzレイアウトにすればよかった?

 

orzレイアウトは開始3日目に試してみて、英数がずれることまで同時に習得するのは無理、と見送った経緯があります。

今は親指シフトに慣れてきて、右手のキーにだけ注意すればいいからこそ移行できそうなので、やはり3日目では難しかったと思います。

開始1カ月目に上達が停滞していたとき、試せばよかったかなと少し後悔しています。
後の祭りなので…、これから取り返すことにしましょう。

 

もうすぐ開始から3カ月

  

いよいよ、もうすぐ開始3カ月です。

NICOLA派宣言 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム にある、「3か月後にはJISかな入力やローマ字入力では得られない、スムーズな打鍵の快感を味わっていることだろう」に到達できるのか!?

いい感じなってきた気はする!!!

 

以上、親指シフト入力開始82日目で「orzレイアウト」を導入したという情報でした。

<<<次の記事 親指シフト入力 導入記 12(3カ月目 入力速度の確認と苦手の把握)
>>>前の記事 親指シフト入力 導入記 10(81日目 ものくろキャンプでの学び)

 

※「orzレイアウト」の詳しい情報はこちらです。
>>>orzレイアウト | JIS日本語キーボードでも親指シフトを楽チンに

※エミュレータソフトの「やまぶきR」への導入はこちらをご参照ください。
>>>【親指シフト】Windows やまぶきR に orzレイアウトを導入する - ものくろぼっくす

 

関連エントリー: