親指シフト入力 導入記 12(3カ月目 入力速度の確認と苦手の把握)

親指シフト入力 導入記 11(82日目 orzレイアウトを導入) に続く、導入3カ月目の記録です。

いよいよ、NICOLA派宣言 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム に「JISかな入力やローマ字入力では得られない、スムーズな打鍵の快感を味わっていることだろう」とある、導入から3カ月に到達です。

気がつくと、あっという間でした。

目次
スポンサーリンク

習得状況と入力の感覚はいい感じ

82日目にorzレイアウトを導入したことで、右手の5本の指がずっとスムーズに動くようになっています。

すると不思議と連動して、左手の5本の指もスムーズに動くようになり、苦戦していた左手下段の「X、C」のキーをを使う「ひ、ー、す、ろ」も、滑らかに入力できるようになってきました。

両手の10本の指をバランスよく使っている感覚があって、どこか心地よさを感じます。

FUJITSU Software Japanist 技術情報 – 富士通 の中の「親指シフトキーボード入門」にある、「心に浮かんだ言葉をリズムよく入力できる」という境地に、少しずつ近づいているような実感があります。

ローマ字入力時代との速度を比較

導入14日目に寿司打で入力スピードを測って、ローマ字入力時代の1/4の結果でした。
それからは、遅さに心が折れることを怖れて確認をしていません。

いよいよここで心を決め、寿司打をやってみることにします。

親指シフト入力開始直後、7月29日にローマ字入力で寿司打の「お手軽3,000円コース 普通」を何回かやって一番よかった結果です。

4,280円分のお寿司をゲット、平均キータイプ数は3.6回/秒でした。

寿司打のローマ字入力の結果

10月24日、同コースを何回か試した結果です。
2,280円分のお寿司をゲット、平均キータイプ数は2.1回/秒でした!!!

寿司打の親指シフト入力での結果

文字の入力速度で、約58%の結果です…。
ミスタイプもずっと多い…。

実感ではローマ字入力時代と同じくらいになっていると思っていたのですが、実際はまだまだです。

原因は次の点にありました。

速度の確認をしてわかった苦手なキー

チェックしてわかったのは、「ぱぴぷぺぽ」が出てくるとそこで指が止まり、2~3秒ロスしてしまうことです。

NICOLA派宣言 | NICOLA 日本語入力コンソーシアム の練習テキストで「ぱぴぷぺぽ」は最後に出てくるので、完全に練習不足でした。

「ぱぴぷぺぽ」さえ強化すれば全体の結果が上がるはずなので、意識して集中的に練習することにします。

他にも、「濁音」「やゆよ」など間違えやすいキーがいくつかあります。

結果にはがっかりでしたが、苦手なキーがあることがはっきりわかって、寿司打で確認した意味がありました。

まずはこれらを正確に打てるようにし、その後に速度アップにもトライします。

まとめ 「マンネリ打破」と「思考のねじれをなくす」は?

親指シフト入力の導入を思い立った理由は、「マンネリ打破」「思考のねじれをなくす」でした。

>>>親指シフト入力 導入記 1(理由編)

3カ月経ち、「マンネリ打破」については、ローマ字入力のときよりキーボードを打つことに楽しさを感じたり、親指シフトつながりでものくろキャンプのブロググループレッスンに参加したりと、十分に刺激がありました。

「思考のねじれをなくす」についても、「心に浮かんだ言葉をリズムよく入力できる」ことを実感しつつあります。

もう、ローマ字入力に戻りたいとは思いません。

あとは、「ぱぴぷぺぽ」などの現状苦手なキーを意識して習得し、まずは正確性をUPして、より快適な境地を目指します。

以上、親指シフト入力導入から3カ月目の記録でした。
導入記としての連載は一旦ここまでとし、近々総括をまとめてみるつもりです。

まだまだ、挑戦は続きます!!

<<<前の記事 親指シフト入力 導入記 11(82日目 orzレイアウトを導入)

関連記事:

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる