大人の手帳は「4月始まり」より断然「1月始まり」がおすすめな理由

日本の手帳の種類には大きく分けて、「1月始まり」と「4月始まり」の2つがあります。

どちらがいいかといえば、私は断然「1月始まり」がいいと主張します。

その理由をまとめてみました。

目次
スポンサーリンク

人生の記録を勤め先の事業年度で区切る違和感

そもそも暦は人為的なものだとしても、人生を1年ずつ区切るとしたら、1月1日に始まり12月31日で終わるのが自然です。

手帳は仕事だけではなく、日常の生活遊び旅行家族の思い出など、人生のすべての記録に育っていきます。

この大切な記録を、勤め先の事業年度で区切るなら、人生の主役は勤め先なのでしょうか?

あくまでも主役は自分なはずです。

1月1日から12月31日までを1年として、1冊の手帳に記録するほうが有意義です。

これが一番の理由です。

年末年始の休みに手帳の切り替えができる 

綴じ手帳の愛用者についてまわる、手帳をいつ切り替えるかという問題について。

年末年始が休みという職場は多くても、年度の末から始めが休みという職場は聞いたことがありません。

1月始まりの手帳なら年末年始の休みを挟むので、手帳の切り替えが4月始まりよりスムーズです。

切り替えるタイミングについては、以下の記事に詳しく書いています。

事業年度が4月始まりの会社ばかりではない 

これから入る職場や今の勤務先がの事業年度が4月に始まるとしても、将来転職や会社の統合・身売りなどで変わる可能性が十分にあります。

その意味からも、4月始まりの手帳を使い続ける意味は薄いです。

4月始まりの手帳が便利なのは、基本的には学生まで。

社会人では、学校の先生くらいかなと思います。

種類が豊富!

なんだかんだ言っても、「1月始まり」の方が種類が豊富です。

いろいろな手帳を見比べて、ベストな一冊を選ぶことができます。

また、「4月始まり」の手帳には必ず「1月始まり」の手帳があると思います。

仮に「4月始まり」が発売中止になってしまっても、「1月始まり」の方が長く残るはずです。

よって長く使い続けたいなら、「1月始まり」を選ぶべきとなります。

理由はこんなところです。

これから初めて綴じ手帳を使う人が1月始まりを選んだら、面倒でも1月1日から今日までの日記(スケジュール)欄に、これまでの記録を書いておいてください。

ポイントだけでOKです。

12月にその手帳を使い終わる時、この1年の振り返りを助ける一冊にきっとなることでしょう!

以上、手帳は4月始まりはおすすめしません!という主張でした。

スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!

この記事も読まれています

目次
閉じる