しあわせ情報室

「知識は人をしあわせにする」をテーマに、辞書・能率手帳・子育てを中心に発信しているブログです。

おすすめ記事
国語辞典と英和辞典の比較記事の一覧
NOLTY 能率手帳1 おすすめ
BMW  アクティブツアラー F45 218i
スポーツ選手27人の親の関わり

親指シフト入力 導入記 10(81日目 ものくろキャンプでの学び)

親指シフト入力のやまぶきRのbackspace

親指シフト入力 導入記 9(2カ月目 課題はX・C・V・B) に続く、開始81日目の進捗状況です。

開始76日目の10月8日に、ものくろキャンプ*1のブロググループセッションに参加してアドバイスをいただいたことのおさらいです。

>>>ものくろキャンプのブロググループセッションに参加! 学びと反省点を紹介します

<スポンサーリンク>

 

 

手の形(指をもっと丸める)

 

セッションの休憩時間に、左手の下段のキーがうまく打てないことを相談します。
すると、ちょっと打ってみてくださいといくつか単語を言われ、ものくろさんの目の前で打鍵をすることに。

見ていただくと、両手とも、もっと指を丸めて打ったほういいとのこと。

その後に私のPCでものくろさんが打つところを見せてくださり、確かに私よりもっと指が丸くなっています。

まさに、「お化けの手、猫の手、ピアノの手」(← 成蹊大学の塩澤教授による習得の掟7つ より)です!

タッチタイピングの指の形

(『世界一やさしいタイピング (インプレスムック)』より)

わかっていたつもりが…、できていなかったようです。

 

設定(backspaceキー)

 

エミュレータソフト「やまぶきR」の初期設定では、エンターキーの下側2つ左の「:」のキーが「backspace」になります。

この「:」を私はよく使うので、「:」のままに設定を変えていました。

すると、「『:』のキーがbackspaceだからホームポジションをキープできますよ~」とのこと。

初期設定を確認すると、「:」の入力は「shift+0」でできるのですね。

 

ただ、親指シフトの先達の勝間和代さんも立花岳志さんも、この動画を見るとbackspaceキーは標準の位置(enterの上)のままで、右手薬指で打鍵しています。

 

youtube

 

youtube

 

成蹊大学の塩澤教授も「:」はそのままのようです。

>>>shioシフト - shiology.org 👣

 

しかし、理論的には「:」がbackspaceの方が親指シフトの入力は早いはず。
右手の動きが小さくなりますので。

でも、英文を打つときのbackspaceは標準のキーを使うのか…?

いろいろ迷いますが、とりあえず「:」をbackspaceに戻して、試してみることにしました。

 

習得の程度(いい感じ?)

 

入力の様子を見てもらったとき、「2カ月でこれならいい感じです」と言ってもらえました!
よく確認したら2カ月半でしたが…、まぁよしとしましょう。

この言葉に勇気をもらい、3カ月での完成に向け励みます。


以上、親指シフト入力導入81日目の記録でした。

ものくろさんの手の形を見ることができて、マネしてやってみるといい感じになってきて、さらに一歩進んだ気がします。

まだまだ挑戦は続きます!!! 

<<<次の記事 親指シフト入力 導入記 11(82日目 orzレイアウトを導入)
>>>前の記事 親指シフト入力 導入記 9(2カ月目 課題はX・C・V・B)

 

>>>指の形のイラストがあるのはこちらの本です。

 

関連エントリー:

*1:主催のものくろさんは「親指シフト orzレイアウト」の考案者で、親指シフトの道場を開催しています>>>ものくろ こと 大東信仁について - ものくろぼっくす